読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麒麟浪漫

キリンロマン

アニメ感想『悪魔のリドル』『のんのんびより りぴーと』

ネタバレあり。

 

 

『悪魔のリドル』

悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)

悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)

 

漫画原作のアニメです。

1人の標的と12人の暗殺者が集められた教室、ミョウジョウ学園の10年黒組。そこで標的を殺した者になんでも1つだけ望みを叶えてくれるという、暗殺ゲームが行われます。

 

だいたい一話につき一人が暗殺を実行に移します。

傍から見ると何を考えているのか分からないような、謎だらけの暗殺者たちには私の興味は津々でした。
一人一人事情があり、生活のために参加する者もいれば、ゲームを楽しんでいる者もいます。暗殺の行動に出ないまま死んだ人がいたのは意外でした。最終話の後日談では生きていましたが…

全12話という短いなかで12人の暗殺者の事情や心理を深く描くのは不可能で、全然掘り下げられていなかったのが残念でした。個性の強い面々なのでもったいないです。

EDで黒組一人ひとりにキャラソンが用意されているのはいいですね。

 

何も分からない状態だったので序盤は刺激的でしたが、物語が進み少しずつ分かっていくにつれて続きへの期待が減っていきました。

人が本当に死ぬ作品は好きです。心情を深く描けるテーマとして、恋愛と死は強いと思っています。

しかし結局、劇中で主要人物は誰も死にませんでした。暗殺に失敗した者への制裁もなく、退学した後もそれぞれにとって平和に生きています。一人だけなぜか刑務所にいましたが気楽そうです。本当に人を殺してでも叶えたい願いがあったのは神長 香子だけで、彼女は退学したあとも苦しんでいるように見えました。

私の最初の予想では、暗殺に失敗した者は社会から消されるのかと思っていたのですが、あれ、私、絶望を求めすぎ…?

悲壮絶望系だと思って期待しすぎていたので、興が削がれてしまいました。

 

人を殺すというのに、暗殺者側に「何をしてでも」という必死さは見えません。それぞれに晴を殺したいという意志はあるのですが、暗殺に失敗しても死ぬわけではないので真剣さがあまり感じらませんでした。

単なるゲームなのかなーと思い始めていた頃にネタばらし。

 

「黒組は晴を殺すためにあったのではない。

12人の暗殺者を相手に、晴が生き延びられるかどうかを見るためのもの」

「晴に一族の未来を担う資質があるか見るためにね」

 

あの人はなぜ晴を殺そうとしたのか

終盤、鳰(にお)が兎角(とかく)に化けて兎角と会話をしているシーンでは、どちらがしゃべっているのか2回観るまで理解できませんでした。整理すると、兎角が裏切って晴を殺そうとしたところを鳰が助けて、その後二人がやりあって、最後に晴を刺したのが本物の兎角、ということで大丈夫なはず。

しかしなぜ兎角は晴を殺そうとしたのか。兎角にとって晴が大事な人であるなら、自分が操られて動いていたのではないと証明するためだけに晴を殺すことはないでしょう。自分の利益のためだけに晴に危害を加えたりはしないはず。なんとかして他のやり方で証明しようとしたでしょう。

しかし晴自身がプライマーではないと強く納得し、晴がこれ以上呪縛に苦しませられないためには、これまで晴を命がけで守ってきた自分が晴を殺すしかないと兎角は思ったのでしょう。つまり兎角は晴のために刺したのです。

実際は晴は死にませんでした。これでプライマーからの呪縛から逃れられたとしても、もし死んでいたらどうするつもりだったのでしょうか。もしかしたら兎角は晴のことを大事に思っておらず、自分のためだけに晴を刺したという可能性が…あるのか? 呪縛も解けたのかどうか分からないラストでしたのでモヤモヤが残りました。

 

総評

暗殺ゲーム、暗殺者たちの抱えている問題や個性、晴の一族の得意な体質など、それぞれの要素自体は面白いです。キャラデザも好みです。しかし配分なのか何かのバランスが悪かったのか、活かしきれていないと思いました。

話数が少なくキャラクターの掘り下げができていない。ストーリーもラストの展開が分かりにくい。アニメの時系列より以前では人が死にまくっているのに、アニメでは誰も死んでいないというのもおかしいでしょう。

もっとよく知りたかったら原作を読んだほうがいいのかもしれません。原作もこんな感じだったらどうしよう。

 

「残念系暗殺ゲーム」と考えれば、なんだかいいアニメだったかも、と思えてしまう不思議。そう、期待しすぎだったのですね。

 

 

『のんのんびより りぴーと』

のんのんびより 3 (MFコミックス アライブシリーズ)

のんのんびより 3 (MFコミックス アライブシリーズ)

 

漫画原作。アニメ『のんのんびより』の2期。

主人公たちが小中学生ということでその懐かしさと田舎感が気持ちいい。間(ま)が贅沢にとられていて、のんびりさが強調されています。

今期も特になにごとも起こりませんでした。その点でも満足さという点でも『のんのんびより』シリーズは安心して観ることができます。

 

時系列が1期と2期で並行な感じで進んでいきます。原作でも時系列が入り混じっているらしい?

1期とはもちろん内容が違いますが、1期をもう一度観ているような感覚で面白いです。一瞬とっつきにくいですが斬新でした。

 

蛍ちゃんと同じような容姿で、他作品では高校生をやってるキャラクターがよくいるので、蛍ちゃんが小学生とは思えません。私が小学生のときはあんなに落ち着いていたでしょうか。

1期よりれんげちゃんがかわいく見えました。なんでしょう、最近子どもたちと接する機会が多かったゆえの好みの変化でしょうか。あのしゃべりかたと純粋さと好奇心の強さよ。れんげちゃん役の声優さんもほんとに上手です。

読んだ本『マンガ はじめての心理学』『先生と親のためのLGBTガイド』など

 

『筋トレが最高のソリューションである』

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 答えの出ない問題が筋トレ界にある。「筋トレバカはSなのかMなのか」という問題だ。自分で自分を死ぬほど追い込む事に快感を覚えるドSな一面をもつ一方、その苦しみを心底楽しむドMな一面もある。筋トレは一人SMだから気持ち良いのです(違う)。

「筋トレは一人SM」とは言い得て妙です。

私は自分のことはMだと思っているのですが、たまに友人から「Sだね」と言われる理由がやっと分かったような気がします。

 

 

『「なるほど!」とわかる マンガ はじめての心理学』

「なるほと?! 」とわかる マンカ?はし?めての心理学

「なるほと?! 」とわかる マンカ?はし?めての心理学

 
なぜ占いは人気があるのか

「自己認知欲求」を満たしてくれるため。これは、自分のことをもっと知りたいという欲求で、誰もが持っているものです。
なかでも、すでに自分が知っている情報を改めて思い知ることを「自己確認」、今まで自分が知らなかった情報を初めて知ることを「自己拡大」と言います。このうち、より大きな満足感を得ることができるのは、自分では気づいていなかった長所など、自己拡大的なよい情報をもらったときだと言われています。

自己確認と自己拡大、私も大好きです。エゴグラム診断などのテストが好きなのもこういう理由だったのですねー。

ただし生年月日をもとにした占いやおみくじなどの根拠のないように思える占いはあまり信じていません。

 

(関連記事)

○○診断、○○テストが好きだ(追記あり) - 麒麟浪漫

 

人はなぜ怒るのか

なぜ、怒りが湧いてくるのかというと、自分の期待どおりにならないから。相手が待ち合わせに遅れてきて腹が立つのも、「自分は大事にされているはず」「だから約束は守ってくれるはず」「もうすぐ会えるはず」という期待や思いがあればこそ。
それなのに相手がなかなか現れないと、「私は大切にされていないのでは?」「会えなくてさみしい」「いっしょにいる時間が減ってしまう」「もしかして何かあったのでは?」など、不安やさみしさ、落胆、驚きなどの感情がわいてきます。
しかし、こうした感情は不快なものであるため、それらから逃れるために「怒り」に変えてしまいます。怒りの度合いは、不快な感情の強さ、つまり期待の大きさに比例します。

怒りが二次的な感情であることは知っていましたが、怒りとその一次感情の間に「期待」があるということ、そして一次感情をなぜ怒りという感情に変えてしまうかという理由はなるほど納得でした。

何事にも期待をしすぎないようにし、相手には怒りではなくそこに隠れた一次感情を伝えるようにすれば、怒り自体や、怒りが原因となった揉め事とは縁が遠くなるでしょう。

 

(関連記事)

あなたが口に出さない感情は、ないものと同じ - 麒麟浪漫

▲怒りは二次感情だから一次感情を口に出して伝えましょう、ということについても書いています。

 

写真やカメラを嫌がる

カメラを向けられると「他人の目」を意識します。それと同時に、「他人の目を通した自分」も強く意識させられます。(中略)

私たちは、自分自身を常に意識しているわけではありません。意識するのは、カメラを向けられたときや、大勢の前に立ったとき、まわりの注意が自分に向いていると感じたときなどです。このとき、「他人からこう見られたい」という理想が高い人は、現実の「自分」を強く意識させられる状況に耐えられず、その場を逃れたくなります。
つまり、カメラや写真を嫌がる人は、理想と現実のギャップを大きく感じている人。自分のことを誰かに見られることや、客観的に見つめることを避けるタイプだと言えます。

なるほどー。

確かに私は自分に対しての理想が高く、現実とのギャップを大きく感じています。

 

これに加えて私の場合は、写真などの根拠のある形で他人の記憶に残りたくない、他人に自分の情報を所有されたくない、過去の私ではなく今の私と向き合ってほしい、という理由もあります。

「今の私だけを見て。他の情報には惑わされないで」みたいな感じでしょうか。文章にすると、悪い意味でかなり都合のいい考え方ですね。

なにかを積み重ねていくというより、リセット願望があり、常に変わっていきたいと思う私としては「今の私」以外の情報の存在は邪魔でしかないのでしょう。

 

自分を悪く言われると安心する

自己評価の高い人は自分をよく評価する人を好み、自己評価の低い人は自分を悪く評価する人を好む傾向もあります。これは「認知的斉合性理論」と呼ばれる理論。つまり、自己評価が低い人は、ほめ言葉を素直に喜べなかったり、自分を悪く言う人に対して安心感を覚えたりするということ。これでは「自分はダメだ」という気持ちがどんどん強まる可能性もあります。
このスパイラルから抜け出すには、ほめ言葉を素直に喜ぶなど、ほんのすこしずつでも、物事をプラスに受け止める努力をすることが大切です。

まさにこれです。よく「もっと自分に自信を持って」と言われます…

(限度はありますが)自分を悪く言われると安心してしまいます。安心するからといってこのままでは、自分に自信を持つためにはよくないようですね。

 

また、自己評価の低い人は人間関係でも「相手が自分をずっと好きでいてくれる自信がなく、嫉妬しやすい」そうです。

 

 

『先生と親のためのLGBTガイド』

先生と親のための LGBTガイド: もしあなたがカミングアウトされたなら

先生と親のための LGBTガイド: もしあなたがカミングアウトされたなら

 

2016年6月出版ということで最新の情報も載っていておすすめです。

タイトルの通り、先生と親の皆さんに読んでいただきたいのはもちろん、当事者が読んでも「そうそう、そうなんだよ」と、これまで一人で抱えていたものが分かってもらえたようで気持ちが軽くなるのでおすすめです。授業中にしかトイレに行けないとか、更衣室で着替えられないとか、そんな悩みを私も持っていました。

 

「同性愛者は、素敵な異性にまだ出会っていないだけだ」という説が本当ならば、「異性愛者は、素敵な同性にまだ出会っていないだけだ」という説も成り立ちそうです。

ほんとこれですよ。

素敵な異性に出会えば変わる、だなんてよく言えたものですよね。一理ありますが、人間は異性愛が自然である、というのを前提としていることにモヤモヤします。

 

自分が何者かわからない

たとえば、本当なら同性愛者である子どもが「同性が好きかもしれない」と感じたとき、性同一性障害に関するニュースを見て、自分は性同一性障害なのかもしれないと思い込んでしまうケースがあります。

(中略)
「性の3つの要素」についてすべて説明したうえで、性には多様なあり方があることを伝え、子どもが誤った性のイメージに縛られて思い悩んでしまうことがないようにします。

今では私はおそらくXジェンダー*1なのだろう、と思うことができています。Xジェンダーよりクエスチョナー*2のほうが近いでしょう。つまり性自認と性的指向がいまだに迷子でウロウロしているのです。

 

しかし、初めて性別違和を抱いたときにネットで調べた情報には「同性愛」という言葉しか見つけられませんでした。そして自分は同性愛者なのだと思い込んでしまったのです。自分に当てはまる言葉が見つかった!と感じてしまったそれ以降は「同性愛」についてしか調べることをしませんでした。この状態が5年以上続いてしまったことは、偽りの自分を演じた「失われた時間」であったように感じます。

もっと早くに「性の3つの要素」について知りたかったです。これら3つの要素がそれぞれ別物だというのは、一人では気づきにくいことです。

 

1、生物学的性(セックス、からだの性)

生物学的にもっている体の特徴が男性なのか、女性なのかということです。

 

2、性自認(ジェンダー・アイデンティティ、こころの性)

自分が女性だと感じるのか、男性だと感じるのか、など、どのような性別に帰属意識(アイデンティティ)をもっているかという自己認識のことです。

 

3、性的指向

恋愛感情や性的な関心が、どの性別に向いているかということです。

(※一部、文章を省略しています)

 

LGBTであることで苦しむのは、自分がLGBTだからではなく、性の多様性が尊重されないことで強烈な苦痛と自己否定感を感じるからです。苦しみの原因は「自分がLGBTであること」ではないのです。

そして悩んでいるのはLGBTの子どもたちだけではありません。この「性の3つの要素」に「性表現*3」も加えて、みんな一人一人、人の数だけ性の形があるのです。

本書をすべての先生と親の皆さんが読み、すべての学校で「性の3つの要素」を授業で教えることができれば、性の多様性を尊重するのは当たり前という社会により近づき、苦しむ子どもたちが減るのではないでしょうか。

 

 

▼ちなみに私はこちらの本を読んで「性の3つの要素」について初めて理解しました。

すべての人に読んでもらいたい一冊です。

ゲイのボクから伝えたい 「好き」の?(ハテナ)がわかる本──みんなが知らないLGBT

ゲイのボクから伝えたい 「好き」の?(ハテナ)がわかる本──みんなが知らないLGBT

 

本の内容では特に、性自認や性的指向そのものにもグラデーションがあるというのが目からウロコでした。

 

 

(関連記事)

読んだ本『10代のモヤモヤに答えてみた。』『ゲイカップルに萌えたら迷惑ですか?』など - 麒麟浪漫

▲性の多様性について、こちらの記事でも触れています。

 

男性トイレにも女性トイレにも入りたくない。じゃあどうする? - 麒麟浪漫

*1:望む性別は男女いずれでもないが、少なくとも元の性別を拒否し、それを乗り越えようとする人 ※本書より引用

*2:自らのジェンダー/セクシュアリティについて、明確なアイデンティティをもっていない(あるいは、より積極的にもたない)人。※本書より引用

*3:見た目、服装、振る舞い、言葉づかいなどに、いわゆる「男性っぽさ」「女性っぽさ」あるいは他の要素をどのように取り入れているか ※『ゲイカップルに萌えたら迷惑ですか?』牧村朝子著 より引用

『スマイルプリキュア!』『ドキドキプリキュア!』『Go!プリンセスプリキュア』のキャラソンをレビュー

プリキュアシリーズのネタバレあり。

 

 

スマイルプリキュア!

『スマイルプリキュア!』(以下スマプリ)は初めて全話観たプリキュアなので思い入れが強いです。おバカチームなスマプリが愛しい。

初めてキャラソンCDを手に取ったプリキュアでもあります。プリキュアのキャラソンってイイじゃん!と思えたのはスマプリのおかげ。

 

『ドキドキ!プリキュア』や『ハピネスチャージプリキュア!』のように過去に不幸を背負ったプリキュアがいないスマプリは、アニメ本編になぜか絶望の描写が多いとはいえ、けっこう平和だなーなんて思ってしまいます。キャラソンにもそれが表れていますね。

推しキュアはキュアマーチ!

 

(関連記事)

『スマイルプリキュア!』を全話観終わった - 麒麟浪漫

 

『スマイルプリキュア!ボーカルアルバム1 〜ひろがれ!スマイルワールド!!〜』

スマイルプリキュア! ボーカルアルバム1

スマイルプリキュア! ボーカルアルバム1

  • アーティスト: TVサントラ,池田彩&吉田仁美,吉田仁美,池田彩,キュアハッピー/星空みゆき(福圓美里),キュアサニー/日野あかね(田野アサミ),キュアピース/黄瀬やよい(金元寿子),キュアマーチ/緑川なお(井上麻里奈),キュアビューティ/青木れいか(西村ちなみ),キュアハッピー&キュアサニー&キュアピース&キュアマーチ&キュアビューティ
  • 出版社/メーカー: マーベラスAQL
  • 発売日: 2012/07/18
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 105回
  • この商品を含むブログ (34件) を見る
 
キュアピース「100%ヒーロー」

絶対あきらめない 逃げはしない 君が呼んでる
平和のため 行け! サンダー

やよいちゃんの憧れるヒーローものっぽい曲。

やよいちゃんがこの曲をもらったとき、めちゃくちゃ喜んだと思います。

キュアピースは必殺技を撃つ前に自身が雷撃を受けるのですが、それが最初は泣きながらだったのに、いつからか泣かずに耐えている表情に変わったのが印象に残っています。キュアピース、君は本物のヒーローだ!

 

キュアビューティ「あなたの鏡」

ですます口調で歌う、れいかさんらしい清らかで美しい曲。

 

 

『スマイルプリキュア!ボーカルアルバム2 〜みんな笑顔になぁれ!〜』

スマイルプリキュア! ボーカルアルバム2

スマイルプリキュア! ボーカルアルバム2

 
星空みゆき&日野あかね「友だち☆ジェットコースター」

あきらめない「負けへんで!」 どんな時も「絶対」
眩しくて面白い あなたが大好き「照れるやんっ」
いつも元気「ウルトラハッピー」 みんな笑顔にする
そうやうちもな 大好きやで「あかねちゃん!」

泣いたらあかんで わたしがいるから「そうや」
励まし合う 最高の仲間さ

「友だちって最高!」という正のパワーが半端ないので、心理状態によっては聴くとダメージを受けてしまう曲です。

掛け合いが楽しい。

 

バッドエンド王国三幹部「BAD END~未来を黒く塗れ~」

白紙の未来黒く塗りつぶせ!(真っ黒だわさ!)
まとめてみんな始末するだわさ!(そうオニ!そうオニ!)
どんなに努力したって無駄だオニ!(ウルッフ~!)
世界よバッドエンドに染まれ! さあ、今すぐ!

イントロでは誰が歌うかのケンカをして、マイクを奪い取ったマジョリーナの歌から曲が始まります。なんだかんだ言って仲の良い三幹部。

曲調や歌詞はちいさなお友達が怖がりそうな感じですが大丈夫だったのでしょうか。

 

キュアサニー「One ForAll」

いつかはそれぞれ 旅立つ日は来(きた)る
けどなせやな 今日は今日や 輝いたるわー

スマプリのキャラソンのなかで一番好き。

関西弁で歌っているのにとても自然。キュアサニーの通った声が爽快です。

普段は表に出さないようにしているキュアサニーの一面を発見でき、より好感度アップです。

 

キュアピース「ピースフルデイズ♪」

ジャンケンポンでスマイル! つらい日も
ぜったいぜったい負けないんだから
みんながくれた優しさが
こんなに大きな勇気になるから

YUKIさんの楽曲にありそうなサビのメロディがツボ。

 

 

ドキドキ!プリキュア

『ドキドキ!プリキュア』(以下ドキプリ)では、アニメ本編でアイドルをやっている剣崎真琴(キュアソード)よりも、キュアロゼッタやキュアエース(CV:釘宮理恵)のほうが歌が上手いです。しかしアイドルだからといって歌が上手である必要はないのです! 歌が上手ではないのになぜか惹かれてしまうアイドルグループもいますしね。

また、本編で音痴キャラであるキュアハートがまともに歌っています。このキャラソン、ゴーストライターならぬゴーストシンガーなのでは…

推しキュアはキュアハート!

 

(関連記事)

『ドキドキ!プリキュア』を全話観終わった(ネタバレあり) - 麒麟浪漫

 

『ドキドキ!プリキュア キャラクターアルバム 〜SONGBIRD〜』

ドキプリではまこぴーこと剣崎真琴だけソロアルバムが出ています。アニメ本編で流れた2曲に加えてオリジナル曲が6曲収録されています。

わざわざ「アイドル剣崎真琴」としてソロアルバムを出すくらいなのですから、まこぴーがどんな思いでアイドルをやっているのか、というのを本編でもう少し深く描いてほしかったですね。

ドキドキ!プリキュア キャラクターアルバム~SONGBIRD~

ドキドキ!プリキュア キャラクターアルバム~SONGBIRD~

 
「~SONGBIRD~」

アニメ本編で何度も聴くことになる、「行くよっ? 1!2!3!4!フラアアァァァァァァァイ!」でおなじみ、アイドル剣崎真琴の代表曲。

アニメでは曲のラストであるこの部分ばかり流すものですから、どうしても笑ってしまうのですよね。

Aメロのテンポの良さ?が好きです。

 

「HOLY SWORD~勇気はキズナ~」

トランプ王国やアン王女を守ることができなかったキュアソードが、強くなって必ず助けてみせる、と歌う熱い曲。

 

「星空の帰り道」

アン王女や、アン王女と共に過ごした日々を思う悲しい曲。

これはアイドルとして発表した曲ではないと思いますが、彼女にこういった経緯があるからこそ彼女の歌は聴く人の心に響き、人気が出たということなのでしょうか。

まこぴーの曲には「悲しみを越えて前を向こう」といった趣旨の曲が多いですが、この曲では悲しみに沈んでいます。

 

「こころをこめて」

アニメ40話で挿入された歌。

アン王女に自分を見つけてもらうための手段としてのアイドルと歌だったはずが、いつの間にかまこぴー自身が「歌う」ということに勇気づけられていたんだろうな、と思える曲です。

 

 

『ドキドキ!プリキュア ボーカルアルバム1 Jump up, GIRLS!』

ドキドキ!プリキュアボーカルアルバム1

ドキドキ!プリキュアボーカルアルバム1

 
 キュアソード「COCORO◆Diamond」

このキズナはダイヤモンド 信じていて

一番近くに いつも寄り添うよ

ありがとう強さに気づかせてくれて 守るよ 宝物達(あなた)を…

マナへのラブソング。

「宝物達」と書いて読みは「あなた」。ごまかしきれてないですよ!

ダイヤモンドは傷つきにくいが壊れやすいということで少し心配になる歌詞です。

 

キュアロゼッタ「CLOVER~オトメの祈り~」

あなたをずっと守りたい
ただそれがけが理由なんですの オトメの祈りは最強!

同じくマナへのラブソング。

ノリの良い80年代風の曲で何度も聴きたくなります。

六花とは違い、ありすは一歩引いた位置からマナを見守っています。

 

 

『ドキドキ!プリキュア ボーカルアルバム2 〜100%プリキュアDAYS☆〜』

ドキドキ!プリキュアボーカルアルバム2

ドキドキ!プリキュアボーカルアルバム2

 
キュアソード「dance at dawn」

これもノリの良い80年代風の曲。こういうの好きです。

 

アイちゃん「きゅぴらっぱ~」

まさかアイちゃんのキャラソンがあるとは…苦笑いです。

これだけ歌ってしゃべれれば既に赤ちゃんではないですよね…

水森亜土さんの「アレアレアラレちゃん」っぽい。

 

 

Go!プリンセスプリキュア!

『Go!プリンセスプリキュア』は「Go!プリ」「プリプリ」「Go!プリプリ」など人によって略称がいろいろあるようですが、私は「姫プリ」派です。

推しキュアはキュアトゥインクル!

 

(関連記事)

アニメ感想『Go!プリンセスプリキュア』 夢がテーマのプリキュア - 麒麟浪漫

 

『Go!プリンセスプリキュア ボーカルアルバム1 つよく、やさしく、美しく。』

Go!プリンセスプリキュアボーカルアルバム1

Go!プリンセスプリキュアボーカルアルバム1

 
キュアトゥインクル「ハイエンド・スター」

努力は 夢への愛の証し

さすがきららですね。夢への思いの強さ、だからこその努力の徹底ぶり。

努力は夢への愛の証し、そう考えると自分の夢がより愛しいものに思えてきます。

 

キュアスカーレット「赤のコンチェルト」

まるで勇む朝陽 まるで祈りの夕陽
燃えたぎる胸の炎 希望の翼 拡げてゆくわ
わたくしはそう、キュアスカーレット

イントロの悲しげなバイオリンのソロから一転、戦隊物の主題歌のような情熱的な曲へ。

キュアスカーレットの「二度と絶望しない」という思いが滲み出ています。

 

パフ&アロマ「Royal Fairy Courage」

妖精のパフとアロマのデュエット。ピュアな一生懸命さに和みます。

 

 

『Go!プリンセスプリキュア ボーカルアルバム2 〜For My Dream〜』

Go! プリンセスプリキュアボーカルアルバム2

Go! プリンセスプリキュアボーカルアルバム2

 
クローズ&シャット&ロック「Perfect Dark」

メタル風。クローズの声がかっこいいです。

ディスダークのこの三人の間には友情なんて全く感じられず、最後まで個人行動をしていました。

三人、というより特にクローズとロックですね。クローズはディスピアへの忠誠心が強すぎてそれしか考えていないし、ロックは自分が王になることに夢中。唯一シャットは美しいものを愛でるなど、プリキュアの敵にしては豊かで柔軟な心を持っていたようで、ディスピアの呪縛から逃れようとし、それに成功しました。

このバラバラさからも、彼らが抱えていた「絶望」が伝わってきます、

 

カナタ&トワ「ストリングス」

カナタ「あの日のように呼吸をあわせて もう一度紡ぎたい 夢が満ちてく調べ」
トワ「ふたりで 約束の旋律放つ 指先には 奇跡宿る」

曲の2番では、劇中で二人が奏でるバイオリンのメロディが再現されています。

予想していなかったので感動。よくぞやってくれました。

この部分は自身のバイオリンのメロディに合わせて、ほぼ同時にそれぞれの歌詞を歌っています。二人のこれまでの物語が想起され、何度聴いても鳥肌ものです。

 

姫プリ4人「Joyful!プリキュアクリスマス」

クリスマス(Hey!) クリスマス(Hey!)

アニメ挿入歌。この部分のきららとトワがかわいいので、まだアニメを観ていない人は見るべし。

あのみなみさんも全く恥じらうことなく歌って踊っています。

 

 

(関連記事)

『ハピネスチャージプリキュア!』のキャラソンをレビュー - 麒麟浪漫

『魔法つかいプリキュア!』『キラキラ☆プリキュアアラモード』のキャラソンをレビュー - 麒麟浪漫