1ヵ月半悩まされた腱鞘炎が病院に行ったら楽になった

 

急に腱鞘炎を発症

沖永良部島を出て一週間くらいで右手親指の腱鞘炎が発症。原因は分からず…

最初は少し痛い程度だったためすぐに治るだろうと思っていましたが、ほとんど安静にしていたにもかからわずどんどん悪化していきました。

 

 

サポーターを購入

このままでは仕事ができそうにないため、新しいボラバイト先に行く前にスポーツショップでこちらのサポーターを購入。

ザムスト(ZAMST) 親指用サポーター サムガード Mサイズ 374302

ザムスト(ZAMST) 親指用サポーター サムガード Mサイズ 374302

 

 

腱鞘炎のサポーターはこれしか使ったことはありませんが、ネットでの評判も良く、装着している間はけっこう楽になりました。

f:id:nd35:20160730183048j:image

ザムストのサムガードという製品。

スポーツショップや薬局でいろいろ試着してみた結果、親指の腱鞘炎には手首のサポーターよりも親指を固定するサポーターが良い感じ。

値段は高めですが、お湯に付けて自分の手の形に成形することができます。

農作業でも特に不便は感じないので、日常生活では動作に問題はないはずです。

ただ単純作業で頻繁に指を動かしていたら、親指付け根と拇指球がこすれて痛くなってしまいました。絆創膏を貼って対処しています。

 

 

よくならないので病院へ

このサポーターと自己流のテーピング、市販の湿布(サロンパスEX)を使っても親指の状態がよくなることはなく…

不覚にもひねってしまうとあまりの痛さに力が入らなくなってしまうくらいで、仕事に支障が出るため病院に。

腱鞘に注射を打ってもらい、痛み止めの薬と大量の湿布をもらって帰宅。

 

f:id:nd35:20160730184625j:image

(写真左はザムストのサポーター、右は湿布)

 

痛み止めと湿布の効果もあるかもしれませんが、注射を打ってもらった日から毎日少しずつ痛みが引いていって、今ではサポーターを外して親指や手首を動かしても痛くありません!病院ってすごい!

 

一ヶ月以上腱鞘炎に悩まされている方は、病院に行ってみる価値があるかもしれません。

まだ少し不安があるため薬と湿布、サポーターは付けたまま作業しますが、この様子だとすぐに完治しそうです。

注射の効果が切れて元通りの痛さに…なんてことにならないことを願います。