影響を受けた本 1冊目『ニートの歩き方』

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

今の自分があるのはこの本のおかげです。というより「影響を受けた本」なのでそういった本しか紹介しないのですが…。

ちなみに紹介する本は順不同です。

 

 

この本を読み終わってすぐに「大都市へ行こう」「シェアハウスに住もう」と思いました。

そのための資金も貯め始め、どこに住むかなど具体的に調べ、私の中で関東のシェアハウスに住むことは決定事項となっていました。

 

人生において家族と暮らすのと一人で暮らすのとしか体験しないのはもったいない

 

他に「大都市へ行こう、誰かと一緒に住んでいれば死なない」みたいなことが書いてあって(強く印象に残っているくせにうろ覚え)、なるほど!と妙に納得してしまったのでした。

 

実際に東京や埼玉に住んで、ライブに初参戦したり、サクラ大戦関連のイベントに初参加して感動したり、サクラ大戦の関係者が出るイベントがあると聞けば飛んでいって声優さんに握手をお願いしたり。

遠い存在だと思っていた著名人にお会いできたり、ライブやイベントが近くでいくつも開催されているため気軽に遊びに行けたり、東京ってすごい!楽しい!と強く思いました。

実はこの本の著者であるphaさんが主催した「なんとかBar」にもこっそり遊びに行き、少しだけでしたがお話しさせていただきました。

シェアハウスの仲間に連れられ自分ひとりでは行かなかったようなところへ行けたことも新鮮でした。

 

それまでどちらかというとインドア派だった私の世界がぐんと広がり、行動力がよりアップした時期でした。

東京はテレビで見るだけの架空の存在ではなく確かにそこにあり、遠く、手の届かないところではなかったのです。

 

 

こうした経験によって、自分にできないことはないんじゃないかと思い始めました。

まさか自分が東京に行くことになるなんて、シェアハウスに住むことになるなんて、思いもしませんでしたからね。

やろうと思えばなんだってできるんだ、と自然に思えるようになりました。

 

これまでに影響を受けた本はたくさんありますが、この本は内面(精神論などによって)からではなく、具体的な行動を促すことによって私の生き方をガラッと変えてくれた本です。

その過程で内面も変わりました。

心が変われば行動が変わる、といった名言もありますが、行動を変えて心が変わることもあるんだなあと身を持って知ることができました。

ニートの方にもそうでない方にもおすすめの一冊です。

 

影響を受けた度:★★★