映画感想『パプリカ』『塔の上のラプンツェル』

ネタバレあり。

 

 

『パプリカ』

パプリカ [Blu-ray]

パプリカ [Blu-ray]

 

アニメ映画。

主人公の声が素敵。林原めぐみさんが好きなので耳が心地よかったです。

主題歌の『白虎野の娘』を初めて聞いたのはニコ動ででした。

 

これこれ。2008年に投稿されたものです。何回聴いたことか。

 

内容はSFサイコホラーでした。とにかく怖かった。

劇中での夢の中のような雰囲気のごちゃっとしたレトロなお店がたまにありますが、そのセンスを否定はしませんが理解し難い。不気味です。

夢に出てきませんように。

 

夢の中というだけあって、ぶっ飛んでいて先が読めないのが面白かった。そのぶん怖くもありました。 

劇中に出てくる意味の分かるようで分からない口上のようなものが、最近よく見かける「ちょっと意味の分からない歌詞の曲」みたいだなーと思いました。聞いてて気持ちよかったらオッケーです!

 

 

夢の中の世界はPSのゲーム『LSD』みたいだと思いました。あれも夢の中ですもんね。

L.S.D

L.S.D

 

 

[PS1] LSD [OP付き]

プレイ画面。

ほんのちょっとの間、夢中で遊びました。

PS時代のこういった奇妙なゲームは好きです。

ソフトはプレミアがついて2万円くらいになっていますが、PSストアでダウンロード版を買えば600円でプレイすることができます。

 

 

『塔の上のラプンツェル』

塔の上のラプンツェル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

塔の上のラプンツェル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

友人の子どもがラプンツェル大好きっ子だったので観ました。

一緒にラプンツェルの話をしたいですからね!

原作はグリム童話らしい。

 

主人公であるラプンツェルの声優さんがしょこたんと聞いて、序盤~中盤までほとんどそのことばっかり考えてしまっていました。

ラプンツェルを見ているとしょこたんが頭に浮かんで物語に集中できない。

『怪盗グルーの月泥棒』での鶴瓶さんみたいな。あれほどではありませんでしたが。

有名人を声優として起用するとこういうことが起こってしまうので大変です。

 

アナ雪とくらべるとなんだかパッとしませんでした。

ミュージカルシーンが盛り上がっていないように見えたのと、印象的なシーンが特にないからでしょうか。

ラプンツェルが髪を切ったシーンくらいしか印象に残っていません。酒場で騒ぐシーンと、船から光を見るシーンも少々。

お姫様なのによくある王子様とではなく、元盗賊と結婚するというのが良かった。

 

髪を切ってショートカットになったラプンツェルがかわいい。

ゲーム『アイドルマスター』の星井美希がすぐに頭に浮かびました。

通常は金髪ロングなのですが、ある条件を満たすと茶髪ショートになるのです。

THE IDOLM@STER 星井美希 覚醒ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

THE IDOLM@STER 星井美希 覚醒ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

 

ショートカットになったラプンツェルそっくり。かわいい!

 

茶髪の親から金髪の子が生まれるのは変だなーと思ったのですが、魔法の力でああなっていたんですね。

そして魔法の力を失ったら元の茶色に戻る、と。

茶髪のほうが断然好みだったので、最初から茶髪ショートだったらもっと物語に入り込めていたはず(物語が破綻する)。

 

魔法の力を失ったにも関わらず、ユージーンの怪我が治せたのはなぜなんでしょうか。

髪だけでなく涙などにも魔法の力が宿っているのだとしたら、今後も治癒魔法が使えるのでしょうか。

魔法の力を使うときにただ髪が光っていただけで、髪自体に特に意味はなかったのかもしれません。切ったら元の髪に戻ったというのは不思議ですが…