読んだ本『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』『医師のつくった「頭のよさ」テスト』など

 

『多眼思考 ~モノゴトの見方を変える300の言葉~』

多眼思考 ~モノゴトの見方を変える300の言葉! ~

多眼思考 ~モノゴトの見方を変える300の言葉! ~

 

ちきりんさんのTwitterアカウント(@InsideCHIKIRIN)の2万7千ツイートの中から厳選されたツイートが載っています。

ツイート一つ一つを(軽く)噛み締めても、さらっと読めるボリュームです。

 

特に気に入ったものを紹介。

愛する人が存在してると、生きる意味とかを問う必要がないのでとても楽です。

人生の時間のどれくらいを誰と共有するかは、人生がどんなもんになるかを、ほぼ規定する。


さっきのは、別に結婚相手ということだけじゃなく、どんな人と仕事するか、どんな人と食事するか、どんな人と飲みに行くか、とか全部だよ。「誰と時間を過ごすのか」は、「何をするか」とほぼ同等(もしかしたらそれ以上)に大事。

あたしは自分が武士階級に生まれていても、明治維新にわくわくしたと思う。変化こそが未来を感じさせる。
変化が嫌いな人ってさ、過去に生きてる人なんだよね。

 

 

『京都ゲストハウス案内』

京都ゲストハウス案内

京都ゲストハウス案内

 

京都にあるゲストハウス60軒を文字と写真で、見開きで紹介しています。フルカラー。

料金やゲストハウスまでのアクセス、キッチンや洗濯機の有無などの基本情報だけでなく、門限や消灯の有無といった細かい情報まで載っています。

「東山周辺」「中心部」「京都駅周辺」など、大きめの地図に周辺のゲストハウスが表示されている手法も分かりやすい。

 

私が気になったのは、「"宿が生きがい"と語る女将が40年続ける元祖ゲストハウス」と紹介されていた「和風ゲストハウス タニハウス(本書P.48)」。

 

 

『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』

北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 

日本に留学しているスウェーデン人のオーサ(漫画家)が見た日本を4コマ漫画で紹介。

「他人から見た自分」を知るのと同じように、「外国人から見た日本人」を知るのもまた面白いです。

スウェーデンの文化を知ることもできます。ハグする文化、良いですね!

 

日本人の友人「ねね 日本人の最大の特徴って何だと思う?」


オーサ「優しい! たまに優しすぎて困るぐらい(中略)
たとえば…日本語を間違えてても直してくれないとか」
「日本語の改善は、友人になったサインで嬉しいです」

なるほどー。

確かに、とっても仲良くないと間違いを指摘しにくいです。ですが語学を学びたい者としてはやっぱり指摘してほしいものですよね。

 

さよならセプテンバー 1

さよならセプテンバー 1

  • 作者: オーサ・イェークストロム
  • 出版社/メーカー: クリーク・アンド・リバー社
  • 発売日: 2015/07/27
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

なんとオーサさんは『さよならセプテンバー』の作者でした。

絵の雰囲気が全然違うので、『北欧女子オーサ~』を読み始めるまで気が付きませんでした。

 

 

『トルコで私も考えた』

トルコで私も考えた 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

トルコで私も考えた 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

 

トルコ生活ルポ漫画。作者はトルコに住んでいる日本人です。

最初は旅行で行っていたのが、その後トルコ語の語学留学でトルコに住むことになり、最終的にはトルコ人の夫と結婚してトルコで生活することに。

トルコ愛に溢れており、読んでいるとトルコに行きたくなる一冊。

吹き出し外の文字が多く、ものすごい情報量でトルコの文化に触れることができます。

トルコ語と日本語の文法はとても似ていて、習得しやすいらしい。トルコ語が気になります。

 

 

『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)

 

 認知特性には視覚優位、聴覚優位、言語優位があり、さらにそれぞれが2つずつに分けられます。

「自宅に人を招くとき、道順をどうやって説明しますか?」「初めて聞いた曲を、すぐに口ずさめますか?」といった35の質問に答えることで、自分は認知特性が優位なのかが分かります。

問いのなかに私があまりやらないこと(例えば物件探しや名刺交換など)があり、想像で答えたので正確に答えが出たのかどうかは自信がありませんが…

 

テストの結果、私は「<視覚優位者> 写真(カメラアイ)タイプ」「<言語優位者> 言語抽象タイプ」が特化しているようです。他の4つの認知特性は残念ながら平均以下でした。

特に聴覚についての認知特性はどれも低い数値でした。私が人の言葉を聞き取りにくいのも、ここから来ていると思うとすこし安心しました。

そして2つ以上の高い認知特性を持つ人のなかには「頭のいい人」が多いそうです。例えば視覚優位者でさらに言語優位者であれば、豊かにイメージし、それを言葉でうまく表現することができるからです。

 

認知特性は生まれながらの特性のようですが、大人になってからでも高いモチベーションがあれば鍛えられるものだそうです。

また、本書では6つの認知特性以外に、柔軟性や社会性、時間感覚など人間が持っている能力についても説明がありました。

「頭がいい人」になるために、自分の能力の得意不得意をしっかりと認識し、得意な能力をさらに伸ばしていきましょう。

何かができないとき、自分の能力の何が弱いのか、強いのかを、ぜひ分析してみてください。自分の得意な能力、不得意な能力を知ることが、自分の能力を最大限に発揮するためには必要なのです。