映画感想『思い出のマーニー』『ペット』

ネタバレあり。

 

 

『思い出のマーニー』

思い出のマーニー [DVD]

思い出のマーニー [DVD]

 

 この作品について事前に情報を仕入れていなかったので、新鮮な気持ちで観ることができました。

ちょっとミステリーな描き方をしているので、ネタバレなしで観たほうが面白いはずです。

 

主人公アンナとマーニーの愛の物語。

マーニーが消えたり現れたりする様子を見ていてちょっとしたホラーだと感じましたが、アンナの妄想で良かった。(ホラーが苦手)

ジブリ制作、原作は児童文学作品ということで、不安になる必要はなかったのです。

 

アンナの妄想癖はとても気になりました。アンナは絵を描くのが好きです。表現力や感受性の豊かさも影響しているはず。ただ発症したのが村に来てからなのと、マーニーが誰なのか分かったので今後は問題ないはずです。

これまですっかり忘れていたとしても、マーニーの記憶と彼女からの愛、または彼女への愛はとても強かったのでしょう。

私としてはマーニーが祖母ではないほうが面白かったですが、予想できないラストも刺激的なのでこれでよかったです。

 

 

『ペット』

ペット [Blu-ray]

ペット [Blu-ray]

 

 飼い主が出かけている間、ペット達は何をしているのか…という内容。

『けものフレンズ』のように、動物たちがちょっとおバカなところもかわいいです。

 

恋するポメラニアンの女の子、ギジェットがたまらなくかわいい。パッケージだと左下にいる白い犬です。

白くてふわふわの丸っこい体にちんまりとした足、という姿も愛くるしいですが、一番のポイントはその声。

私は字幕版で観ましたが、ハスキーでクセになる声です。ハスキーさを増した友近という感じ。私にはギジェットが友近に見えて仕方ありませんでした…

吹替版もちらっと観ましたが、初見なら字幕版がおすすめ。

私がギジェットを好きすぎたからかもしれませんが、本作で一番キャラが立っているのが彼女。ほぼ主役です。

 


ペットの秘密の生活 - ギジェットベストモーメント

ギジェット登場シーンの詰め合わせ動画がありました。

 

 

主人公(犬)マックスを飼っているケイティはかなり良い飼い主だと思いました。

しかし動物がペットとして飼われるのは本当に幸せなことなのかどうか。

人にもいろんな人がいるように、動物の中にも人に飼われて嬉しい動物がいるのかもしれません。

劇中でペットとして飼われている彼らは飼い主のことが大好きで、幸せそうに見えました。

ただ、人間の描いた物語だから人間に都合の良い解釈をしているだけかも、と考えることもできます。

動物園や水族館にいる動物たちも、本当は何を感じ何を思っているのか。この問題はいつか解決されることがあるのでしょうか。