『ハピネスチャージプリキュア!』のキャラソンをレビュー

ネタバレあり。

 

ハピネスチャージプリキュア!

キュアラブリー(CV:中島愛)の歌が上手すぎて、いつものアホの子なキュアラブリー感がないです。

プリキュアだけでなく、仲間や敵にもキャラソンがあるのが嬉しいですね。

私の推しキュアはキュアフォーチュン!

 

(関連記事)

アニメ感想『ハピネスチャージプリキュア!』 - 麒麟浪漫

 

※レビューしている曲はアルバムの一部です。

 

『ハピネスチャージプリキュア! ボーカルアルバム1 〜Hello!ハピネスフレンズ!〜』

ハピネスチャージプリキュア!ボーカルアルバム1

ハピネスチャージプリキュア!ボーカルアルバム1

 
キュアラブリー「ドデカ・ラブ」

プリキュアにしては珍しい、ガチで恋愛を歌った曲。

『ハピネスチャージプリキュア!』(以下ハピチャ)は恋愛(愛)がテーマですし、めぐみはアニメ本編でもしっかり恋愛していましたからね。

しかし誰に向けた曲なのでしょうか?

 

キュアプリンセス「New arrival」

大人びていて、キュアプリンセスっぽさはないですね。

仲間や愛を知って新しい私になった、という成長の曲。

 

キュアハニー「しあわせごはん愛の歌」

夢が大盛りてんこもり
みんな一緒にたらふく食べれば
元気いっぱい
ごはんは愛のエネルギー
はーごはんはおいしいな

アニメ本編で何度も流れるこの曲を持つにもかかわらず、キュアハニーは残念ながらボーカルアルバムに織り込まれてしまいました。『ドキドキプリキュア!』のキュアソードはソロアルバムを作ってもらえたのに…

この曲の登場時は「なんだこの曲は…」という気持ちで聞いていましたが、劇中で何度も何度も聞かされているうちに、今ではむしろ「良い曲じゃないか」と思えてしまった恐ろしい曲。

本編での歌を歌っているイメージが強いため、キュアハニーの他の曲でもキャラソンにありがちな違和感がありません。

 

キュアフォーチュン「Holy Lonely Justice」

下がっていて 私が闘うわ

か弱きを守るわ

叫び聞けば 私は駆けつける
独りでも恐れない
星が闇を彷徨って ひとつでも
美しく凛と光るみたいに…

かっこいい曲です。さすがキュアフォーチュン!

ほんのり中二病のニオイがしますが…

 

ブルー「カレイドスコープは知っている」

カレイドスコープ 鏡たちは知ってる
君の勇気を 君の涙を

プリキュア(歌詞の内容からすると特にキュアラブリーか?)を優しく見守る歌。歌声も温かいです。

 

クイーンミラージュ「イミテーションWORLD」

「幸せは束の間、愛しさは幻想
青い地球にある「愛」が
すべて嘘だって私が教えてあげる…
さあ、世界を真っ暗闇にしておしまい!」

さすが悪の女王、「Sound Horizen」や「ALI PROJECT」系のかっこいい曲です。

 

ハピチャ4人「幸せの合い言葉 ~Yes!ハピネスチャージ!~」

聴いていると幸せで胸が満たされるような感覚になります。

「曲が」「歌詞が」というよりは、ハピチャの4人が歌っているから、ですね。ハピチャの4人が作る空気が幸せを生み出しているのです。

 

 

『ハピネスチャージプリキュア! ボーカルアルバム2 〜シャイニング☆ハピネスパーティ〜』

ハピネスチャージプリキュア!  ボーカルアルバム2

ハピネスチャージプリキュア! ボーカルアルバム2

 
氷川いおな「スターライト」

ひとつ ひとつ 許せたから
強さになった
隣を見れば もう 一人じゃないって気づけたから

悪が封印されている「アクシス」を開けてしまったひめ、いおなの姉であるキュアテンダーを囚われの身にしたファントム、最悪の世界を作り出そうとしたクイーンミラージュ、地球を破壊しようとしたレッド。それらをすべて許したキュアフォーチュンは本当にすごいと思います。

特にクイーンミラージュ以降はなんの描写もなくあっさりと許していましたが、そこにはキュアフォーチュンの成長と強さがあったということなのでしょう。

 

憎しみと 共に歩いてた
壊れないようにする お守りのよう

本当に 許せなかったのは
自分自身かもしれなくて

ハピチャの活躍によって復活したキュアテンダーはその後の戦いで、自らを封印したファントムに負けないほどの強さを見せました。つまりファントムとの戦いで幼いいおなを助けようとしなければ、キュアテンダーは囚われの身になることなんてなかったのです。

そのことを知っていたからこそ、キュアフォーチュンはずっと苛まれ、必要以上に自分を苦しめていたのかもしれません。初期のひめに対するきつい態度には、そこからくる八つ当たりのようなものも含まれていたと思います。

 

キュアプリンセス&キュアフォーチュン「I believe, We believe.」

2人なら どんな悲しみでも 越えて行ける 絶対!
ずっと1人だった 胸の痛み 知ってるから

でも憎むことより 許すのは難しい
ココロがいっぱい泣いたよ
簡単じゃないよね 希望の火消えそうで
夜 不安で 眠れなくて

2人は、特にキュアプリンセスは明るく振る舞っていても、本当は辛かったはずです。

キュアプリンセスとキュアフォーチュンが分かり合えて、友達になれたことが本当に嬉しいです。

 

ハピチャ4人「イノセントハーモニー」

問題曲。

これ単体で聴くとなんてことはないのですが、アニメ本編での合体技前に毎回これを歌うのですよ。イノーセーンートー♪ イノーセーンートー♪

…シラけてしまうのは私だけでしょうか。

 

しかし単体で聴くと若干中毒性があるのが悔しい。「合体技で勝負を決める!」という盛り上がりが最高潮のときに流れる曲ということで、そのときの状況が思い出されるのか不覚にも気分が高まってしまうのです。

 

ファントム「Phantom Shadow 〜絶望という名のもとに〜」

ひざまずくがいい
理想捨てて
「絶望」だけが真実さ…

メタルです。熱い!

 

 

『ハピネスチャージプリキュア! ボーカルベスト』

ハピネスチャージプリキュア!  ボーカルベスト

ハピネスチャージプリキュア! ボーカルベスト

 
ハピチャ4人「勇気が生まれる場所」

あの壁を(乗り越えた) 自分なら(変えられる)
ピンチはもう怖くないんだ
わたし達は絶対大丈夫

映画挿入歌。ハモりもあり、とても盛り上がる曲です。

「繋ぐ(キズナ) 愛で(届け)」のように一人一言ずつ担当する歌詞も、4人の絆が感じられて熱い。

 

キュアサンセット&キュアウェーブ「ふたりでアロ~ハ!」

ふたりでアロ~ハ! ハワイにマハ~ロ!
海でおどるよ フラダンス カメハメハ!

ワールドプリキュアとして登場したキュアサンセットとキュアウェーブの姉妹。彼女たちの声はなんとハピチャ主題歌を担当している吉田仁美さんと仲谷明香さんが演じています。

そのお二人によるキャラソン。陽気なメロディも合わさり、耳が幸せ!