アニメ感想『Go!プリンセスプリキュア』 夢がテーマのプリキュア

プリキュアシリーズのネタバレあり。

 

Go!プリンセスプリキュア vol.1 [Blu-ray]

Go!プリンセスプリキュア vol.1 [Blu-ray]

 

 

 

『Go!プリンセスプリキュア』

夢がテーマのプリキュア

夢に迷ったら力が弱まったり、夢を失えば変身できなくなってしまったりと、今作では夢への思いがプリキュア自身の力となっています。当然、強い夢を持つ人がプリンセスプリキュアに選ばれています。

 

クローズ「だが夢はまたお前を追い詰めるぞ!」
フローラ「それでもいい! 自分で決めた夢だもん!
痛いのも、苦しいのも、全部受け止めて、私はプリンセスになる!」

夢を消せないのと同じように、絶望もまた消せない。喜びと悲しみは裏表。それでも、何度でも絶望を乗り越えて、自分の力で夢をかなえたい。努力しないで叶う夢なんて夢じゃない。キュアフローラは身をもってそう教えてくれました。

 

フローラ「終わりがない。そう、私の夢に終わりなんてないんだ。
私の夢は大地に咲く花のように強く優しく美しくあること。
たとえどんな苦しみや悲しみのなかにあっても、ずっとずっといつまでも強く優しく美しくあり続ける存在。
それが私のなりたいプリンセス。」

フローラにとって夢とは、"なる"ものではなく"ある"もの。
私も、夢とはそういうものだと思います。それになったら、叶ったら終わり、というものではないと思うのです。

たとえいま目標としているものが"なる"もの、例えばなにかの職業だったとしても、その先には別の夢があります。その職業につくことは夢を叶えるための手段でしかありません。

キュアフローラにとっての夢は「プリンセスになること」ではなくて、「人々の夢を守るだけでなく、希望を与えられるような強く優しく美しい存在であり続けること」だったのです。

 

(関連記事)

瞳を開けて見る夢について - 麒麟浪漫

▲過去に夢について考察した記事です。この記事で「私の夢はプリキュア」と言っています。

 

『ハピネスチャージプリキュア!』がなかなか面白くならなかったけど(ネタバレあり) - 麒麟浪漫

▲『ハピネスチャージプリキュア!』が主人公の『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』も夢がテーマでした。

 

 

キャラデザなど

絵柄、キャラデザ共にとても好みでした。

キュアマーメイドのへそが悩ましい…

グランプリンセスの戦闘形態(キュアフローラのみ)が衣装といい長いステッキといい、強大な魔法力といい、プリキュアっぽくなく魔法少女のようで新鮮で素敵でした。

 

日常回で化粧をする機会が何度かありました。

『ハピネスチャージプリキュア!』の面々の化粧には違和感がありましたが、姫プリは綺麗でした。元々中学生には見えないくらい大人っぽい絵柄で、題材が「プリンセス」ということでキャラクターに気品がある、というのもあるでしょう。はるかの化粧はひどかったですが…

 

26話以降のEDダンスは宮本浩史さんが監督しています。宮本さんのモデルはキュートで個人的にすごく萌えです。

 

(生徒会で仕事中のみなみをきららが呼び出して)

みなみ「緊急事態というのは嘘なのね。どういうつもり?」
きらら「嘘じゃないよ。みなみんが悩んでるなんて、緊急事態でしょ?」

やはりプリキュアは初期メンバーが2人か3人で、3クール目から1人追加されるくらいがちょうどいいですね。プリキュア全員の個性や絆がしっかり描かれますから。

 

 

プリキュア内での年齢差

みなみさんが中学二年生、他のプリキュアは中学一年生です。

はるかはみなみさんに最後まで敬語を使っていました。新鮮。中高生時代は一年の差がとても大きく感じるものですから、私が思っている以上にはるかはみなみさんを大人っぽく感じ、憧れていたかもしれません。

 

みなみさんの身長が高く、他のプリキュアと身長差があるのが個人的に萌えポイントでしたが、それも年齢差のせいかもしれませんね。中学生は成長期ですから。

 

 

麗しかわいいトワイライト様

トワイライト様、三銃士のことなんてなんとも思っていないくせに優しい口調なところが萌えます。敵なのに無駄にかわいい表情も見せます。トワイライト様のファンはかなり多かったはず。

パフュームを使った変身後の姿が全然麗しくないのは残念。後に見せるプリキュアの姿より美しかったらそれはそれで問題がありそうです。

 

トワイライト「私は、もう二度と、絶望しない!
一度犯した罪は二度と消えない。
でも、心から望めば…
なら私は、この罪と共に、この罪を抱いたまま、もう一度、グランプリンセスを目指す!」

操られていただけなのにもかかわらず、自らが犯した罪を重く受け止めるところは真面目ですね。

トワイライトは再び「グランプリンセスを目指す」という強い夢を持ち、プリキュアとなりました。

 

 

トワ復活

22話からトワ登場。

ゲームなどでキャラクターメイキングをするときはタレ目にするほどタレ目が好きなので、タレ目プリキュアが登場して嬉しい!

 

トワさん、こちらの世界にきた途端にポンコツで笑っていまいました。幼少期にディスピアに連れ去られ、世間から離れ、絶望の中で育ったから仕方ないのでしょう。

 

トワ復活後、1話ずつ使ってトワときららちゃん、トワとみなみさんの親交を描いたのが良かったです。さっきも書いたようにトワは真面目すぎるほど真面目なので、彼女たちもすぐにトワを受け入れられたことでしょう。

 

(トワが「お前は絶望のプリンセスだ、お前と一緒にいたらみんな不幸になる」と言われて)
フローラ「笑おう、スカーレット!
嬉しいこと、楽しいこと、夢とか希望とか、そういうあったかい気持ち、みんなでいっぱい作ろうよ。
あいつらに何言われても笑い飛ばせるくらい、いっぱい、作ろう。
一緒に強くなろう。ね?」

この状況のトワ以外にも当てはめることができますね。

自分にとって大切でない人に言われたひどい言葉なんて気にしなくていいのです。

しかしピンクキュア*1は本当に人間できてますね…。ピンクキュアとお友達になりたいです。そしてあわよくば強い影響を受けて、ピンクキュア的人格を手に入れたい。

 

 

今後プリキュアでやってほしい展開

プリキュアシリーズはお決まりの部分も多いですが、予想外の展開もしてくるので楽しいです。

今作も、敵がプリキュアとなり味方になる、敵の幹部がボスを裏切る×2連発、プリキュアじゃない仲間が自力で自分にかけられた封印(?)を破る、などがありましたね。

 

今後観てみたいのは

  • 一旦決まったプリキュアのメンバーチェンジ
  • 途中でメンバーの一人が不在な状態が続く
  • ピンクキュア以外のプリキュアが中ボスレベルの敵を倒す
  • 必殺技だけでなく、身体能力での強い個性(「体力がありあまるカベ役」など)

観てみたい展開はいろいろありますが、プリキュアに相応しいか、と考えると実現可能そうなのはこれくらいでしょうか。

 

『スマイルプリキュア!』のれいかさんや、今作のきららちゃんみたいに最初はプリキュアになることを拒否するキャラ、意外で面白かったです。

きららちゃんのように一度変身して戦ってから変身アイテムを返す展開があるくらいですから、途中でメンバーチェンジがあってもよさそうなものです。

二人が一つの変身アイテムを使える状態なんかも面白そうですね。『ハピネスチャージプリキュア!』ではキュアテンダーが行動不能になっていたとはいえ、その変身アイテムをキュアフォーチュンが使うことができていましたし。

あとはプリキュアであれば他の誰の変身アイテムを使っても変身できるとか…

 

今後もプリキュアがどういう風に予想を越えてくれるのか楽しみです。

 

 

映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪

映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪(Blu-ray特装版)

映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪(Blu-ray特装版)

 

ものっすごい豪華なお祭りです。

スマプリ以降のプリキュアオールスター映画で一番好き。笑顔なしでは観られません。

 

歴代プリキュア全員にスポットが当たるので、プリキュアシリーズを全く知らない人も本作を見て気になったプリキュアがいたシリーズを観てほしいです。

(映画内にプリキュアシリーズの若干のネタバレはありますが、若干なのできっと大丈夫です)


歴代プリキュア達がシリーズでチームとなってそれぞれの主題歌を歌って踊ります。

アニメで使われていたEDムービーの垂れ流しなんかではなく、書き下ろしのアニメーションが追加されています。

しかもなんと過去にCGでのダンスが存在しなかったシリーズにもCGのダンスが付いています!

これらを豪華と言わずになんというのでしょう。

 

ギャグ要素もちらほら入っていて楽しめます。雑魚敵を魅了するキュアハートにダイアモンドが一言「ハートったら愛を振りまきすぎ」とか、牢屋に囚われていた王様たちを救うシーンで「ハニーキャンディはいかがですか」と問うキュアハニー(しかも誰も突っ込まない)、セリフの途中で敵の攻撃に邪魔されて怒るキュアマリンなど。


ちょっとドキッとするシーンもありますが絶望する場面はなく、悪役もお馬鹿なので安心して何度も観られる映画です。
作画が大変だったのか、若干不安定。あと悪役の声が素人だなーと思っていたらお笑い芸人だった、というイマイチな点はありましたが、それを補って余りある魅力が本作にはあります。

ぜひぜひ、プリキュアシリーズのアニメを観たことがないという方も観てみてください!

*1:ピンク色のプリキュア。基本的にピンク色のプリキュアがチームのリーダー的存在である。純粋で清い心、敵を説き伏せられるほどの愛や包容力を持つことが多い。