麒麟浪漫

【北海道】十勝北部・中部の道の駅めぐりと周辺の観光。ナイタイ高原牧場は驚きの白さを見せた

 

愛国駅

f:id:nd35:20170726173412j:plain

f:id:nd35:20170726173421j:plain

f:id:nd35:20170726173427j:plain

愛国駅のトイレはウォッシュレットで、トイレットペーパーはふわふわのダブル。豪華さにびっくりです。

 

f:id:nd35:20170726173448j:plain

ハート型の噴水がかわいい。

 

二回目の訪問(8月17日)

f:id:nd35:20170822182914j:plain

ひまわり畑が良かったです。

 

 

池田ワイン城

f:id:nd35:20170728202808j:plain

名前をよく耳にするので行ってみました。想像していた*1のとちょっと違いましたが、お城です。見学は無料で、自由に入場して見学できます。隣接しているワイン工場も無料で見学が可能。ワイン好きには楽しめるでしょう。

 

f:id:nd35:20170728202759j:plain

ワイン城の地下2階では地下熟成室の見学ができ、そこには部屋いっぱいにワインの香りが漂っています。

1階には売店があります。ワインの無料試飲コーナーと有料試飲コーナーがあり、私自身はワインがあまり好きではないのにも関わらず、「無料」という字に惹かれ、車で来たことを悔やみました。

 

f:id:nd35:20170728202625j:plain

f:id:nd35:20170728202820j:plain

屋外にはブドウ展示園があります。

 

 

f:id:nd35:20170728202844j:plain

池田ワイン城のすぐ近くには「DCTgarden IKEDA」というドリカムの吉田美和さんの記念館があります。吉田美和さんはここ池田町出身なのだそうです。

コンサート衣装の展示やオリジナルグッズの販売があり、ファンにはたまらないでしょう。

 

 

道の駅 ステラ★ほんべつ

f:id:nd35:20170726173643j:plain

f:id:nd35:20170726173650j:plain

「ステラ」といったら『Go!プリンセスプリキュア』のプリキュアである天の川きららの母、天の川ステラ…という話は置いておいて、道の駅 ステラ★ほんべつはだだっぴろいです。ちなみにステラとはラテン語に由来する、星や惑星などを意味する名詞だそうです。

 

f:id:nd35:20170726173708j:plain

本別町では豆が特産品らしく、あちこちに豆のゆるキャラ、元気くんがいてかわいかったです。

 

f:id:nd35:20170726173725j:plain

そんなに豆を推すのならと、売店に道の駅限定と書かれた大福があったので食べてみたらよくある大福でした。

 

売店では鹿の角が一本1600円で売っていました。北海道で落ちていた鹿の角を拾った人から昔タダでもらったことがあるので、この値段にびっくりです。

 

 

道の駅 あしょろ銀河ホール21

f:id:nd35:20170726173802j:plain

f:id:nd35:20170726173807j:plain

道の駅とは思えぬ巨大な建物です。

 

f:id:nd35:20170726173829j:plain

売店で豚丼フレーバー入りの豚丼クッキーを買いました。だけど豚丼感はありません。事前に何も聞かずパッケージも見ずに渡されれば、ただのクッキーとしか思えません。

 

f:id:nd35:20170726173847j:plain

かつての駅舎も残されており、その裏には小さな汽車がいました。

 

 

道の駅 足寄湖(あしょろこ)

f:id:nd35:20170726173915j:plain

メインの建物は閉鎖中らしく、道の駅には観光情報パンフレットが置かれた小さな小屋とトイレがあるだけでした。寂しい。

 

 

ナイタイ高原牧場

山一面が牧場というとんでもない規模のナイタイ高原牧場。日本で一番広い牧場で、総面積が東京ドーム358個分だそうです。東京ドームに行ったことがないのでよく分かりません。

頂上にあるレストハウスへは約6kmの一本道を車で上って行きます。

 

f:id:nd35:20170726173944j:plain

放牧されている牛を見つけて嬉しくなったりと、途中までは良かったのです。ある時点を過ぎてからはガスで真っ白。200m先が見えず、もはや目の前の道しか見えないので崖を走っているようで怖かったです。

 

f:id:nd35:20170726174005j:plain

頂上にて。驚きの白さです。

 

f:id:nd35:20170726174027j:plain

駐車場にて。

 

f:id:nd35:20170726174055j:plain

比較的 高いところに上っても当然、何も見えません。 たぶん晴れていたら感動の風景が広がっているのでしょう。 寒かったので、レストハウスで売られている道産かぼちゃソフトが気になりつつも諦めました。

 

 

道の駅 しほろ温泉

f:id:nd35:20170726174149j:plain

道の駅というより温泉施設です。

 

f:id:nd35:20170726174317j:plain

屋外にある無料の足湯がいい湯加減でした。草津温泉の熱さに慣れた身としては若干ぬるい気もしましたが、気持ち良かったです。友人の話によると、この温泉に通って病気が治った人もいるのだとか。

 

f:id:nd35:20170726174400j:plain

誰もいなかったので貸し切り状態でした。

 

 

後日、自転車でしほろ温泉へ(8月6日)

自転車を1時間半こいで、道の駅 しほろ温泉へ行きました。

 

f:id:nd35:20170806144349j:plain

写真では全然分かりませんが、道中で2kmほどのアップダウンのあと、3kmほど傾斜4%(多分)の上り坂が続いて一瞬めげそうになりました。

 

初めての温泉!*2

温泉にはずっと苦手意識がありました。今日もしほろ温泉に早めについてから、入浴の受付が始まる11時までドキドキ。途中で帰ろうかとも思いました。

 

いざ入ってみると、一糸まとわぬ開放感と、温泉の気持ちよさで来て良かったーと思いました。温泉の作法を知らないので、前を歩いている人の見よう見まねでいざ入場。露天風呂に入ったのですが、普段 浴槽になんて浸からないものだからすぐにのぼせてしまいました。お湯はふつうのお湯に見えるのに浸かっていると肌がヌルヌルして、ツルツルです。膝に効くかなーと思って頑張って長く入りました。といっても多分20分くらい…これが限界です。

 

f:id:nd35:20170806144327j:plain

温泉からあがったあとは休憩室でまったり。ドライヤーが有料だったので髪は自然乾燥です。

 

f:id:nd35:20170806144443j:plain

お腹がなるくらい空腹だったので、売店でハスカップサンデーを購入。帰るためのエネルギーを摂取します。

あんまり食べたいものがないというか、食欲がないのでまともな食事は結局しませんでした。

 

 

道の駅 ピア21しほろ

f:id:nd35:20170726174457j:plain

綺麗で大きくて賑わっています。多機能トイレが男女別の部屋の中にもあるという豪華さ。このへんの道の駅では最大規模に思えました。

 

f:id:nd35:20170726174524j:plain

しほろ牛100%のハンバーガーを食べました。士幌産じゃがいもを使ったポテトサラダも挟まっています。凝ったハンバーガーショップでありがちの食べにくさがありましたが、お肉がとても美味しかったです。作りおきされていたので、できれば出来たての熱いものが食べたかったですね。

 

f:id:nd35:20170801075123j:plain

美味しいと噂の生産者還元のポテトチップス。

味は塩味、コンソメ味、のり塩味の三種類。私はのり塩味を食べました。口溶け(?)がよく、味も濃すぎず、ちょっと危険なくらい美味しかったです。作業をしながら食べていたのですが、ポテチを食べる手が止まらず、作業が進まなくて自分のことながら呆れてしまいました。人気なのも頷けます。

 

f:id:nd35:20170728202645j:plain

売店のじゃがいも大福に一目惚れして購入しました。食感はかためのこしあんで、見た目は白あん。かなり甘めでした。

私はじゃがいもと聞くとなんでも気になってしまいます。

 

f:id:nd35:20170806144628j:plain

道の駅 ピア21しほろの限定ハスカップかき氷が食べたかったのですが、14時に行ったら既に終わっちゃってました。残念。

 

 

然別湖

f:id:nd35:20170822110522j:plain

f:id:nd35:20170822110525j:plain

然別湖(しかりべつこ)への道にて。
十勝平野が一望できる展望台です。広大な十勝平野、ずっと見ていても飽きませんでした。

 

f:id:nd35:20170822110544j:plain

然別湖にて。
正面にある天望山は、唇の形に似ていることから「くちびるやま」とも呼ばれています。湖に山が映ると、たしかに人の口っぽいです。

 

f:id:nd35:20170822110601j:plain

湖の水は緑色で綺麗。

 

f:id:nd35:20170822110617j:plain

観光遊覧船に乗りました。

 

f:id:nd35:20170822110632j:plain

f:id:nd35:20170822110636j:plain

湖中に浮かぶ弁天島は、アニメやゲームに出てきそうないい雰囲気です。パワースポットなのだとか。

 

 

道の駅 うりまく

f:id:nd35:20170726174653j:plain

f:id:nd35:20170726174555j:plain

デコレーションされた牧草ロールがとってもキュート。鹿追町競ばん馬競技大会の麦稈(むぎわら)ロール転がし競争というアトラクションで使用されるものだそうです。ということは牧草ロールではなかったのですね。

 

f:id:nd35:20170726174630j:plain

直売所ではダチョウの卵(生)が4320円で売られていました。ダチョウの卵を肉眼で見るのは初めてです。一度は食べてみたいですがお高いですねー。

肉じゃがまんじゅうも気になりましたが、さっきハンバーガーを食べたばかりなのでやめておきました。ちらっと見てみると、見た目は肉まん。肉じゃがまんじゅうを略しても「肉まん」ですしね。

 

 

道の駅 しかおい

f:id:nd35:20170726174728j:plain

ダチョウの卵や肉じゃがまんじゅうなど、道の駅 うりまくと同じものも売っていました。

 

f:id:nd35:20170726193542j:plain

ハスカップジュースを買って飲みました。ハスカップって何か知らずに飲んでみたら、色と味からしてベリーっぽい感じでしたが、どうなんでしょう。調べてみるとどうやら果実のようです。

 

f:id:nd35:20170726174759j:plain

鹿の角を素材にしたグッズにときめく。キーホルダーに中二心をくすぐられます。鹿の角って勝手に抜け落ちるものなので、動物の負担に繋がらない良い素材ですね。

 

f:id:nd35:20170726174834j:plain

入り口にはチョウザメの水槽がありました。世界三大珍味のキャビアで有名なチョウザメが鮫ではないことにびっくりです。

チョウザメは、サメの仲間ではなく、約3億年前から存在する古代魚の一種で、サメのような姿と背中にある鱗の形が昆虫の蝶々に似ていることから、『チョウザメ(蝶鮫)』と名付けられました。

(そばに置いてあったパンフレットより引用)

 

f:id:nd35:20170726174855j:plain

道の駅に隣接している鹿追町民ホール前にいたキュアカスタード*3! じゃなくてかわいいリス。

 

f:id:nd35:20170726174911j:plain

ふくろう。造形だけでなく、柄(植物の選び方)も凝ってますね。

 

 

十勝スロウフード

f:id:nd35:20170728202629j:plain

牛トロという十勝のローカルフードが気になっています。それを家庭で作るための材料、牛トロフレークなるものを物色しに来ました。

訪れた日は「肉の日」(今月は27~29日が肉の日なのだそう)だったので定価より少し安くなるらしいのですが、そもそもの値段がお高くて諦めました。どこかのお店で食べることにします。

 

 

柳月 スイートピア・ガーデン

f:id:nd35:20170726175015j:plain

「柳月」という名前は北海道に来てからよく聞きました。ここに寄る予定はありませんでしたが、道を走っていたらあまりにも大きい建物が見えてしまったので気になって入ってみました。お菓子の試食もあります。

 

f:id:nd35:20170726175032j:plain

プリンソフトはプリンもアイスも美味しかったです。かためのプリンがナイス。でもプリンとアイスを別々で食べたほうが美味しいと思います。

 

 

道の駅 おとふけ

f:id:nd35:20170726175058j:plain

f:id:nd35:20170726175105j:plain

特にこれといったものはありませんでした。見た目だけはなんだかすごい。

 

そういえば「音更メロディーライン」と道中の看板にあったので、車で走ると音楽が聞こえるアレかと思ったのですが、あとで調べてみるとただの道の名前だったようです。メロディーロードと紛らわしいですね。 

 

 

白樺並木

f:id:nd35:20170728202638j:plain

十勝牧場内にある白樺の並木道です。樹齢40年だそうです。

車でゆっくり走ってみましたが、1.3kmもあり、長くて途中で引き返そうかと思ってしまいました。ここは映画やドラマのロケ地としてよく登場しているそうです。

 

 

*1:シンデレラ城のような洋風のお城を想像していました。実際は『ドラゴンクエスト』なんかに出てきそうな要塞風のお城でした。

*2:小さい頃に家族と行ったりはしました。

*3:リスとプリンがモチーフの黄色いプリキュア。