【静岡】浜松を観光。浜名湖オルゴールミュージアムでオルゴールの奥深さを垣間見る

浜松に住む友人の家を訪ねて、観光に連れて行ってもらいました。ありがとうございました!

 

 

浜名湖オルゴールミュージアム

f:id:nd35:20170824173856j:plain

日本で唯一の湖上を渡るロープウェイ、かんざんじロープウェイに乗って、浜名湖オルゴールミュージアムへ。

写真はトリックアートです。

 

f:id:nd35:20170824173352j:plain

f:id:nd35:20170824173402j:plain

オルゴールといえばシリンダー型の印象が強く、ディスク型のものは初めて見ました。

 

f:id:nd35:20170824173519j:plain

こちらは上下2枚のディスクによって立体音響を生み出すオルゴールです。

 

f:id:nd35:20170827154841j:plain

こちらはおなじみのシリンダー型。ただしオルゴールのほかにもドラム、ベル、ウッドブロック(打楽器の一種)、オルガンが一緒になっているすごいヤツです。まるでオーケストラ。

このほかにも様々なオルゴールが展示されていました。

 

f:id:nd35:20170824173717j:plain

オルゴールの実演もあります。

100年程前のアンティークオルゴールや、自動演奏ピアノ、自動演奏オルガン、オートマタなど、素晴らしい音響空間の中で、解説員による約20~30分間のオルゴールの実演会です

自動演奏楽器の実演|オルゴールミュージアムについて|浜名湖オルゴールミュージアム

一日に何度も行われる実演会は、私の見た限りでは演奏されるオルゴールが毎回異なっていたので、何度でも楽しめそうです。

 

f:id:nd35:20170824173941j:plain

屋上の展望台からは浜名湖や奥浜名湖が一望できます。写真は浜名湖の一部。

 

f:id:nd35:20170824174141j:plain

屋上に設置されているカリヨン(組み鐘)は毎時00分に演奏されます。

 

オルゴールショップにはRADWIMPSの「前々前世」もありました。北海道の勝毎花火大会でも「前々前世」での花火ショーがありましたし、『君の名は。』の人気ぶりが伺えますね。

 

 

浜松SA 「石松ぎょうざ」の石松餃子三種盛り合わせ

f:id:nd35:20170824174211j:plain

石松餃子はキャベツの甘みが強く、あっさりしていて美味しかったです。いくらでも食べられそう。

 

 

f:id:nd35:20170824174511j:plain

サービスエリアの売店の一角にはご当地サイダーがズラリ。わさびジンジャーエールとうなぎコーラを購入しました。飲んでみると、通常よりピリリとくるジンジャエールとふつうのコーラ。もっと強烈なほうが良かったです。

 

 

鷲沢風穴(わしざわふうけつ) 

f:id:nd35:20170824174817j:plain

ヘルメットを装着して入場します。

内部の温度は16度。ひんやりとしていて気持ちよかったです。かなり腰をかがめないと通れない道や、後ろ向きになって降りるはしごなど、ちょこっとハードでした。

 

f:id:nd35:20170824212713j:plain

この水平天井は日本唯一のものだそうです。人為的にスパッと切ったように水平な天井でした。

 

 

うなぎパイファクトリー

工場見学の受付を済ませると、お土産にうなぎパイがもらえました。これで無料はすごい!

1Fの工場直売店ではうなぎパイ三種類の試食もできました。

 

うなぎパイが手作りだったなんて…知りませんでした。

職人の手作業による生地作りから始まり、焼き上げた後も人の目でひとつひとつチェック。焼く工程は機械が行いますが、その日その日の気温や湿度によって、毎日人の手で微調整をするそうです。

 

 

f:id:nd35:20170825183345j:plain

階段の手すりがうなぎの形をしていてかわいい。

 

f:id:nd35:20170825183326j:plain

焼き上がったうなぎパイにハケで秘伝のタレを塗っている様子です。

 

f:id:nd35:20170825183332j:plain

完成したうなぎパイ。形の悪いものや割れたものは手作業ではじかれます。

 

f:id:nd35:20170825183337j:plain

パッケージングの様子。ここでも人の目のチェックが入ります。

映像シアターでは、動画でうなぎパイづくりの工程をさらに細かく見ることができました。

 

 

中田島砂丘

f:id:nd35:20170825183416j:plain

f:id:nd35:20170825183429j:plain

中田島砂丘は日本三大砂丘のひとつ。砂丘を歩くのはかなり脚が鍛えられている感がありました。アスリートが海岸を走るトレーニングをするのも納得です。

8月中旬から9月下旬には、サンクチュアリエヌピーオーさんによるウミガメの放流会も行われます。

 

 

竜ヶ岩洞

竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)という鍾乳洞へ。

 

f:id:nd35:20170825183238j:plain

f:id:nd35:20170825183159j:plain中は気温18℃。鷲沢風穴と同じくこちらもひんやりとしていて気持ちよかったです。

 

f:id:nd35:20170825183206j:plain

リムストーンプールの中に天井のつらら石が映っていて神秘的。

 

f:id:nd35:20170825183223j:plain

黄金の大滝と名付けられた、日本で最大級の地底の滝がありました。

 

 

「炭焼きレストランさわやか」のおにぎりハンバーグ

f:id:nd35:20170825183117j:plain

静岡県民がこよなく愛するというハンバーグ屋さん、「炭焼きレストランさわやか」へ。

最近少食なので一番人気のげんこつハンバーグよりちょっと小さめの、おにぎりハンバーグを注文しました。ふつうに美味しかったです。

 

 

浜名湖 ぬくもりの森

f:id:nd35:20170827155321j:plain

ぬくもりの森は、独自の建築スタイルを追求する建築家 佐々木茂良が、 こんな場所があったら…と、コツコツ創りあげてきた場所。
中世ヨーロッパのとある小さな村に迷い込んだような…まるでおとぎの国にいるような、 穏やかで不思議な空間です。
高い木々に囲まれた小さな森の中に点在する小さなお店は、雑貨ショップ、ケーキショップ、レストラン、ミニギャラリー…。
日常を離れた夢のひとときを味わいにどうぞお越しくださいませ。

浜名湖 ぬくもりの森 | 静岡県浜松市

 

f:id:nd35:20170827155605j:plain

f:id:nd35:20170827155647j:plain

f:id:nd35:20170827155653j:plain

f:id:nd35:20170827155703j:plain

f:id:nd35:20170827155708j:plain

内部もぬかりなし。

 

f:id:nd35:20170827155722j:plain

f:id:nd35:20170827155726j:plain

トイレすらもかわいい。

 

ショップやギャラリー内もとってもメルヘンで、見ごたえがありました。

 

 

ヤマサちくわ(豊橋市)

f:id:nd35:20170827161612j:plain

浜松からちょっと離れて、豊橋市へ。豊橋市といえばちくわなのだそうです。

ヤマサちくわの本社工場敷地内の売店で、工場直送の焼きたてちくわを食べました。