読んだ本『ひきこもらない』phaさんの最新刊はエッセイ

ひきこもらない

ひきこもらない

 

phaさんによる最新の著書です。先日Kindle版が60%オフになっていたのでポチり、さっそく読破しました。

phaさんの考え方はいろいろ許される感じで好きだし、文章はとても読みやすい。根はナマケモノ(失礼)ながら、でもたまには移動して頭を切り替えたいというところは私と似ている気がします。

読了後、青春18きっぷで途中下車しつつあてもない旅をしたくなったり、サウナに興味が湧いたり、漫画喫茶で『刃牙』を読みたくなったり、ゲーセンでパチンコを打ちたくなったりしました。影響を受けまくりですね。

 

 

シェアハウスに住んでいるということを言うと、「社交的なんですね」などと言われることがあるのだけど、それは全く間違っている。

僕は人間の様子を一方的に見ているのは好きだけど、人間と会話をするのはあまり好きじゃない。会話や集まりが苦手だから、能動的にコミュニケーションをしなくてもなんとなく周りに人間がいるという仕組みを作りたくて、それでシェアハウスをやっているのだ。

私も社交的ではないし、自分では人見知りだと思っているんだけれど、どうも移動生活をしているとそうは思われないようです。私は会話が億劫で、会話を重ねて仲良くなる努力ができないから、住み込みの仕事で一緒に働いたり暮らしたりして人間関係を作ることが多いです。無理せずゆっくり、しかし着実にお互いの信頼を積み重ねていけるのが良いです。

会話するぞ!とか集まるぞ!とかがなくてもなんとなく一緒にいられて、たまにコミュニケーションがとれる環境が落ち着きます。個室あり一軒家の寮でのリビングとか、仕事中とか。学生時代だったら部活動の仲間とは仲良くなりやすかったです。あとはイベントで一緒に山登りをしたときとか。体を動かす系は自分の身体能力を活かせるし、自分のことに専念しながらコミュニケーションもとれるのが良いです。同じ目標に向かっているというのもポイントのひとつですね。思い返せば今も昔も会話だけで仲良くなった(私が心を開いた)ことってないかもしれません。

住み込みバイトをしつつの移動生活での私の楽しみや目的の一つに、会話に重きを置かないでも自然と作られる心地良い人間関係、というのがあるかもしれません。会話を億劫に思ってしまう私は、移動生活でもしていないと友人なんて作れないのかも。

 

 

1週間後に自分が何をしたい気分になっているかなんて想像できない。1ヶ月後に自分がどこに行きたいかなんてわかるわけがない。半年後には自分がトラックにはねられて死んでいるかもしれない。

私は予定を立てるのがキライです。予定を立ててしまうとその後の行動を縛られるし、緊張します。他人と一緒に行動する予定を立てたりすると、相手を気遣ったり気遣われたりしてさらに面倒です。予定は未定だし、他人に言うのもなるべく避けています。

自分が気分屋であることは分かっているので、長期の目標やちょっと先の予定を入れちゃうと失敗することが多いです。予定は立てるとしても1週間先くらいまでですね。1週間のあいだになんらかの出会いをして思考がガラッと変わってしまうことも多々ありますから。

 

 

観光客が行くような場所よりも、地元の人たちが普通に使っているような場所に行くのが好きだという理由もある。地方のスーパーとかショッピングセンターとかを見るのも好きだし。

新しい土地に行くと、珍しくて数日は観光をします。それ以上の日数が経つと、快適なネット環境と図書館さえあれば観光名所なんていらない、なんて思い始めます。拠点から観光地に移動するにも電車代やガソリン代などお金がかかるし疲れますしね。

観光地に飽きてくるとホームセンターや本屋、ゲーム屋などに入って、作業用品や新刊、新作ゲームを眺めたりすることもあります。非日常に飽きてしまって、逆に非日常になった日常が面白く見えてくるんでしょうか。スーパーで買い物をしたり、図書館で本を読んだり、旅行先で地元民のような過ごし方をするのも好きです。

 

 

世の中には「わざわざ遠くまで出かけて行くほどじゃないけど、近くでやってるならちょっと寄ってみようか」と思うものがたくさんある。

移動生活で行く先々で訪れる観光地なんかもこれですね。遠くにいるときからわざわざ「ここに行きたい!」って思うどころか、その名前すら知らなかったりしても、近くにあるとなれば「じゃあ行ってみようか」となります。

私はあまり観光地に興味がないようで、移動生活で次にどの県に行きたいかというのもありません。行った先々でせっかくだからと観光情報を集め、「近いからじゃあ行ってみようか」って感じで観光しています。世界遺産とか素晴らしい景色とかもあまり興味がなくて、でも近くに行ったら張り切って行くんだろうと思います。

 

 

(関連記事)