食に関して気を付けていること。50回噛む、主食は肉体労働前のみなど

最近お腹の調子が悪いなーと思って、毎日4個食べている卵(生)を電子レンジで半熟にして食べるようにしたら、8割治りました。単に体調の関係だったのかもしれませんが、食の体に対する影響は大きいですね。

 

食に関して気を付けている理由(目的)は以下です。

  • 肉体的、精神的なさらなる健康の増進
  • トレーニング効果の増幅
  • 体脂肪の減少、または体脂肪増加の抑制

 

下に挙げているもの以外でも、冷たい飲み物は飲まない(氷もNG)など他にもやったほうが良さそうなことはありますが、ストイックになりすぎない程度にしています。やりすぎると反動で今までできていたこともできなくなる、なんてことがありますからね。少々不完全で気になったとしても、妥協点を探ってそこに落ち着くほうが得策です。

 

 

主食(お米、麺、パン)は肉体労働前のみ食べる

私は炭水化物を抜くと力が入りにくい体質なので、肉体労働前には主食、特にお米を食べるようにしています。逆にそれ以外では食べません。

何が原因なのか、主食を食べると体調が悪くなることがあるのでこのようにしています。なんとなく主食って栄養がなさそうですし、娯楽的な扱い以外で無理して食べることはないと思っています。

 

 

お菓子やソフトドリンクは自分で買わない

人に買わせるという意味ではなく、いただきものまでストイックに断らない、ということです。

お菓子やソフトドリンクといった嗜好品にお金をかけるのもはあほらしいし、体にもよくないので基本的に自分で買って食べたり飲んだりすることはありません。市販のお菓子を買うという思考回路はゼロに近いですね。飲み物は基本的に水で、たまに炭酸水を買って飲むくらいです。

 

精神に作用がありそうなので、コーヒーやお茶などのカフェインも避けています。普段から摂らないことで、たまにコーヒーを飲むと効果が強く出てシャッキリする副次効果もあります。

 

お酒は友人との外食やBBQでは飲むことがありますが、一人で飲むことはほぼありません。外食時でも時と相手を選んで、なるべくお酒を飲まないようにしています。「酒は百薬の長」なんて言いますが、お酒が体に良いイメージはほとんど持っていません。お酒を飲むと集中力や正常な判断能力が失われ、読書や考え事ができなくなるのもネック。

 

 

味付けは薄く

もともと濃い味が苦手*1というのもあります。味付けを薄くすることで舌の感覚が鋭くなり、健康に良く、たまに外食をするととても美味しく感じるというメリットがあります。

 

自炊で使う調味料は塩か醤油です。調味料をあまり消費しないのと、種類を必要としないのでお金もあまり使わずに済みます。

 

 

食べるものは良いものを

塩は自然塩*2を、醤油は大豆・小麦・塩以外が入っていないものを選びます。油はオリーブオイル(コールドプレス製法)やごま油(太白胡麻油など)を、高いのでケチケチ使います。

卵は安すぎないものを、納豆は国産大豆を使ったもの。

 

食べ物の質や産地の違いでどれくらい体に影響があるのかは実感できていませんが、気分的にもなるべく良いものを選ぶようにしています。強いこだわりがあるわけではないので、手に入りやすい市販の商品のなかから選んでいます。

何も気にしないでいるより食費が高くついてしまうのは、もう仕方ありません。お菓子やソフトドリンクを買わないのでそのへんでプラマイゼロになってるといいなあ。

 

 

50回噛む

どうやら私は胃腸があまり強くないようなので、消化促進のためによく噛んで食べています。「よく噛んで食べていたら、虚弱体質だったのが筋骨隆々になった」という嘘だか本当だか分からないエピソードを聞いてから、ちょっと期待しているっていうのもあります。噛むことに肉体が強くなる効果はあるのでしょうか。

 

噛む回数はきっちり数えているときもあるし、なんとなくで大体40回くらい噛んで飲み込んでいるときもあります。「ありがとうございます」がちょうど10文字なので、それを頭の中で唱えながら噛むといい、という人もいて一時期マネしていました。今ではそのまま「1、2、3…2、2、3…」と数えちゃいますね。

 

以前は「強力わかもと」という消化酵素サプリメントを利用していましたが、お金をかけずに自分の体の力でどうにかできないか、という考えから、これを飲む代わりによく噛むことに決めました。 とはいってもおすすめできるサプリメントです。

強力わかもと 1000錠 [指定医薬部外品]

強力わかもと 1000錠 [指定医薬部外品]

 

 

 

食事中や食事前後に飲み物を飲まない

胃液が薄まると聞いて、食事中には飲み物を飲まないようにしています。また食事前30分や食事後3時間くらいもなるべく飲みません。悪いタイミングで飲み物をたくさん飲むと胃もたれすることが多い気がします。

とはいっても肉体労働で喉が乾いていれば、おかまいなしに飲んでしまいます。それで脱水症状になっては元も子もないですし。

 

 

サプリメントの摂取

食への興味のなさ、好み、変なこだわりなどによって偏食になりがちなので、マルチビタミン&ミネラルサプリメントをとるようにしています。効果のほどは実感できていませんがお守りとして。

▲「Alive!」もいいですが、私はMegaFoodのマルチビタミン&ミネラルをとっています。

 

あとは魚油。健康面でもトレーニングに関しても優秀なサプリメントだと思っています。

▲私は高品質な魚油サプリメントであるこれらをローテーションしています。

 

 

果物は最高の食べ物

高いので自分で買うことはめったにありませんが、果物こそ人間が一番食べるべきものだと思っていて、いただいたら喜んで食べます。

 

が、食べる際に注意点があり、これはナチュラルハイジーンという考え方を参考にしています。

  • 新鮮で熟したものを生のまま食べる。
  • 胃に果物以外が入っているときには食べません。食後のデザートなんてもってのほか。果物以外のほかのものと一緒に食べたりもしません。

これを守っていればカロリーなんて気にせずに、果物をいくらでも好きなだけ食べていいと思っています。過去に果物だけを食べるフルータリアン生活をしていたとき、一日の摂取カロリーはたくさんとっているはずなのに体重が減りました。果物をきちんとした食べ方で食べる分にはカロリーなんて関係ないのだということを実感しました。

 

フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!

フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!

  • 作者: ハーヴィー・ダイアモンド,マリリン・ダイアモンド,松田麻美子
  • 出版社/メーカー: グスコー出版
  • 発売日: 2006/04/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 20人 クリック: 346回
  • この商品を含むブログ (49件) を見る
 

▲ナチュラルハイジーンの考え方を紹介しているこの書籍には衝撃を受けました。完全にこの通りにしているわけではありませんが、果物の食べ方や水の飲み方については今でも実践しています。

 

 

(できれば)小麦、牛乳、砂糖は摂らない

このへんは賛否両論ありますね。アレルギーや乳糖不耐症の可能性、中毒性、精神への作用などの観点から、私はなるべく摂らないようにしています。

外食や中食では小麦も砂糖も気にせず食べていますが、家で口にすることはほとんどありません。砂糖そのものはもちろん、砂糖が入った調味料も使わないようにしています。あまりストイックにはならず、ケの食事で食べない、常食はしない、くらいにゆるく留めています。

*1:あちこちで生活していると、まれにもはや食べ物とは思えないレベルの味が濃いものが食卓に並ぶことがあって驚きます。

*2:精製塩と自然塩のどちらが健康的なのか、という議論はありますが…。