【山梨】旅の記録 10月8日~10月10日 山梨での暮らしが日常になってしまった

※映画のネタバレを含みます。

 

 

10月8日

トキは絶滅していない

たまに聴きたくなるトキの歌。中毒性があります。

アニメ『けものフレンズ』を観てトキは絶滅したと思っていたのに、あちこちの動物園や花鳥園でふつうに見かけたので驚きました。

生物学的にはまったく同一種である中国産のトキを用いて人工繁殖を行っているため、日本におけるトキの扱いは「絶滅」ではなく「野生絶滅」のままである。

トキ - Wikipedia

日本での野生のトキが絶滅したってわけですね。

 

 

10月9日

体調不良は遅延型食物アレルギーのせいなのか

ここ数週間続いている体調不良が遅延型食物アレルギーの影響なのかもしれない、と考えて、ちょっとの間 卵を断ってみることにしました。毎日欠かさず長い間食べているものといったら卵か納豆しか思い当たらず、卵のほうが怪しかったからです。卵の代わりになるタンパク源を探さないとですね。

 

卵1個に含まれるタンパク質を7gとして計算すると、これまで1日に4つ食べて28gのタンパク質をとっていたことになります。値段は4つで90円くらいでしょうか。タンパク質1gあたり約3.2円。

今日買ってきた鯖缶は100円くらいでタンパク質17g。タンパク質1gあたり約5.9円。やはり卵は優秀ですね。魚の缶詰は常食すると水銀がどうのこうのという話も聞くし、大人しくプロテインを買ったほうが安心で安上がりかもしれません。

AmazonでアルプロンのWPI1kgを定期お得便で買ったら、タンパク質1gあたり約2.9円。卵より安い…。3kg買ったらもっと安いです。タンパク質の摂取だけを考えるなら断然プロテインですね。Amazonを見ていたら危うくポチりそうになりました。

 

遅延型食物アレルギーの検査ができるキットがAmazonで売られているようですが、科学的根拠がないという声もあるようです。アレルギーかもしれないと思うものを食べてみて、自分の体で実験してみるほかないですね。

 

 

10月10日

1ヶ月も滞在すれば非日常は日常に

私の場合は大体どこに移動しても1週間もしないうちに慣れるし、1ヶ月もすればそこでの暮らしが日常になってしまいます。新しい環境に適応するために最初はあれこれ工夫をするのですが、居心地の良いやり方を見つけてそれに慣れると惰性で日々を過ごしてしまうというか、根がナマケモノなのでつい停滞してしまいます。寮に私一人な状態がずっと続いていて刺激が少ないのも関係しているでしょう。

今は仕事が終わったら部屋で本を読んだりプライムビデオで映画を観たり、休みの日に外出しなくなったりと、「日常」生活を送っています。穏やかではありますがつまらなさもありますね。