麒麟浪漫

【山梨】山梨で食べた野菜、果物、ローカルフードまとめ。山梨はまさしくフルーツ王国だった

山梨で食べたものをまとめて紹介します。

さすが山梨はフルーツ王国と言われるだけあって、果物の種類が豊富で美味しかったです。

 

 

野菜

茄子

f:id:nd35:20170919172836j:plain

いま働いている農園の規格外品の茄子が食べ放題なので、食べまくりました。

 

f:id:nd35:20170906161044j:plain友人が茄子を使った料理のレシピを書いてくれました。

 

f:id:nd35:20170906161047j:plainレシピを見ながら作ってみたのがこちら。

「なすのみそ炒め」です。

普段料理をしないものだから、レシピ通りにできているのか自信がありません。

 

その後何度か作ったところ、味噌炒めでは油を多く入れたほうがジャンクな味になって美味しく感じることが分かりました。

 

f:id:nd35:20170914160937j:plain

「焼きなす」も美味しく作れました。

茄子の皮をむくのが上手くなってきたので、やっと写真に収めることができました。

めんつゆをかけて冷やしてあります。うまし。

 

焼きなすはグリルではなくトースターでも作れました。

トースターで焼いて皮を向いて、めんつゆをかけて冷やすだけなので簡単。しかも美味しい。

 

 

バターナッツ

f:id:nd35:20170916202237j:plain

バターナッツの見た目がよくないものを20個くらいいただきました。

直売所で売られているバターナッツの値段は1つ450~600円。

いただいたバターナッツを1つ500円として計算すると…7500円!

かなり得した気分です。

 

皮をむいて3mm程度に薄くスライスし、1000Wのトースターで10分。

これは…甘いじゃがいも!(すごく褒めてる)

 

2cmくらいの角切りにして1000Wで20分焼いても美味しかったです。

 

フライドバターナッツもどき

f:id:nd35:20170919172754j:plain

バターナッツをテキトーな大きさに切って(今回は3cm角くらい)、油と塩を混ぜ、予熱なしのオーブン250度で25分弱。

ちょっとこげたけれど完成!

 

これくらいの大きさだと予熱なし250度23分がちょうど良さそうです。

寮にあるオーブンの使い方が分からず苦戦しました。

 

残念ながらフライドポテトほど激うまにはなりませんでした。

かぼちゃだからホクホクではなくヤワヤワになってしまうのが残念。これはこれで美味しいのだけれど…。

バターナッツはオーブンで焼くことで甘みがさらに増してくどくなり、いくらでも食べられそうな感じにはならないかもしれません。

 

テイク2で皮ごと焼いてみました。

皮は味がするわけでもなく、食感がいいわけでもなく、「これ食べていいやつなのか?」と不安になる感じでした。

昔、サラミがパッケージングされていることを知らずにビニールごと食べていたことを思い出しました。

それに比べればバターナッツの皮は食べ物です。

それでも皮はむいたほうが良さそうですね。

まぶす塩を減らしたら、くどさが減って食べやすくなりました。

 

 

バターナッツを美味しく食べるには

皮をむいて適当に切ったバターナッツをそのまま、油、油&塩少しの3グループに分けて、予熱なしオーブン250度で焼いてみました。

 

油の偉大さをまた思い知らされてしまいました。油は必須ですね。

そのままだと同じ時間焼いても青臭い感じがあるのと、焦げ目がつきにくい(程よい焦げ目はけっこう美味しい)のと、ねっとりせず甘みが出にくいです。

バターナッツはヤワヤワを通り越したねっとりが美味しい。

 

塩の有無はお好みで。

少しかけると味がいい感じに濃くなります。

そのまま焼いたものはあんまり食べたくない味がしたので、ケチャップやらマヨネーズやらをかけてなんとか食べました。

ケチャップをかけたらケチャップの味しかしなかったです。

 

f:id:nd35:20171004164123j:plain

今のところ美味しいレシピは、皮をむいて小さめ(3cm角以下)に切って油にまみれさせて塩を少々。

それから焦げ目がつくまで250度のオーブンで焼く。

焦がし過ぎると、口に入れたときに苦みに意識が行ってしまって美味しくなくなるので注意です。

 

f:id:nd35:20171004164127j:plain

これくらいの焦げ目は許容範囲。

天板に触れている面は焦げ目が付きやすいです。

 

f:id:nd35:20170922175208j:plain

控え選手がまだまだいるので、飽きるまでフライドバターナッツもどきを食べ続けると思います。

 

 

果物

f:id:nd35:20171031182543j:plain

さすがはフルーツ王国、山梨。

これまでにいろんな果物をいただきました。

写真は左からりんご、柿、パッションフルーツです。

 

f:id:nd35:20170906122243j:plain

こちらは「黄ららのきわみ」という品種の黄色い桃です。

収穫してすぐ食べるのではなく、一週間くらい常温で置いておくと追熟してとっても甘くなります。

初めて食べたときは感動しました。

 

そして「きらら」といえば、『Go! プリンセスプリキュア』の天ノ川きららちゃん!

いやー「黄ららのきわみ」、いい名前ですね。

 

桃の食べ納め(9月24日)

f:id:nd35:20170925172321j:plain

今日で桃の食べ納めです。

私が働いている農園での桃の収穫が終わってしまったのです…。

これはさくらという品種。

私はいつも皮ごと桃を食べています。

 

これまでの人生で食べた量と同じかそれ以上くらいの桃をここで食べました。

1日1~3個食べていて、山梨に来てから桃を食べない日は初日以外ではありませんでした。

かたいももや黄桃の美味しさ、収穫したては渋みがある品種が多いことなどを体感して知ることができました。

 

以下、食べた桃の個人的な感想です。

  • 幸茜(さちあかね)→さっぱりとした甘さだった気がする。かたすぎず、柔らかくなりすぎないくらいが一番美味しい。
  • 黄ららのきわみ→黄桃。追熟して柔らかくなってから食べると缶詰の桃の高級版のような、感動する美味しさ。柔らかくしてから食べるほうが好み。
  • さくら→かたくて、追熟しても柔らかくならないらしい。大根みたいな食感で、甘さ控えめ酸味少しあり。
  • CX→収穫したてでも甘みが強くて美味しい。酸味なし。ちょっとかため。

 

幸茜→黄ららのきわみ→CX→さくら、の順に好きです。

CXの味には最初感動したけれど、酸味がなくひたすら甘いのでたくさん食べられません。

 

 

f:id:nd35:20170906122227j:plain

私が働いている農園で作っている梨も甘くて美味しかったです。

 

f:id:nd35:20170913171828j:plain

こちらは収穫期を逃したからなのかちょっと味が薄いけれど、もぎ放題!

食べ放題です。

 

 

ポポー

f:id:nd35:20170925172741j:plain

ポポーという果物をいただきました。

これは皮をむいたものです。

 

中に大きな種が入っていて、スプーンで実をすくって食べます。

日持ちしないので市場に並びにくいとのこと。

 

食感はねっとりというかモニュモニュ。

味は人工的な味のフルーツジュースとか、アメリカのフルーツ味のお菓子みたいな感じで、けっこう甘いです。

香りはTHE・南国。

 

ポポーで検索したら関連キーワードに「ポポー まずい」と出てきて、確かに食べ慣れない味で万人受けする感じではないなーと思いました。

私も一回食べたら十分な感じでしたし。

甘みがあり香りも強いので、アイスやスムージーなどに加工したら美味しく食べられそうです。

 

 

パッションフルーツ

f:id:nd35:20171031182547j:plain

パッションフルーツは見た目はグロいですが、南国な味で美味しいです。

包丁で半分に切ってスプーンで実をすくい、種ごと食べられます。

種のパキパキといった食感が楽しい。

 

トケイソウがパッションフルーツの花だということを初めて知りました。

 

 

ローカルフードなど、山梨周辺で食べたもの

ほうとう

f:id:nd35:20170916203328j:plain

境川パーキングエリアの食堂で山梨の郷土料理、ほうとうを食す。

具材が10種類くらい入っていて食べごたえがありました。

 

 

吉田のうどん

吉田のうどんとは、富士吉田市を中心に食べられている硬い麺が特徴の郷土料理だそうです。

香川で讃岐うどんを食べてから硬いうどんのファンになったので、吉田のうどんを食べに行ってきました。

 

栄屋うどん店

f:id:nd35:20170923142957j:plain

栄屋うどん店の肉うどんは、肉が入って350円という安さ。

朝8時15分からやっているのでうどん屋ハシゴにはもってこいなお店です。

ただしうどんが柔らかかったのが残念でした。

 

くれちうどん

f:id:nd35:20170923143344j:plain

めげずに二軒目へ。

くれちうどんの「くれちうどん」550円。

 

一軒目の満足度が物足りなかったので、ここでは豪華なのを頼みました。

具材はネギ、キャベツ、揚げ、わかめ、肉、卵で、それぞれは特に味付けがされているわけではありません。

つゆが味噌味なのでお味噌汁のようでした。

麺は太くて硬く、でも讃岐うどんのようにコシがあるわけではなく、簡単に噛み切れます。

これはこれで美味しい。クセになりそうです。

 

まだ二軒しか行っていませんが、吉田のうどんは讃岐うどんほどの感動はなく、ちょっと期待はずれでした。

 

 

パン工房 モンマーロ

f:id:nd35:20170917121839j:plain

大人気だというパン屋さん「モンマーロ」。

いくつか試食できるパンがあり、それだけで満足できそうです。

 

f:id:nd35:20170917122025j:plain

タルタルフィッシュバーガー、懐かし揚げパン、塩ぱん、こだわりクリームぱん、フーガス(チーズフランスのようなもの)を購入。

全部美味しかったので、かなりイケてるパン屋さんだと認識しました。*1

 

f:id:nd35:20171007062439j:plain

フリーペーパーにも載っていて有名なのがこのぶどうパン。

モンマーロの存在もその記事で知ったのです。

水の代わりに、山梨でとれたぶどうの果汁だけを使って生地をこねあげた、しっとり柔らかいぶどうパン。こちらはハーフサイズです。

 

f:id:nd35:20171007062442j:plain

中はこんな感じで自然なぶどう色。ぶどうも入っています。

 

ぶどうパンはそれほどでしたが、モンマーロのパンはどれを買ってもかなり美味しいので感動します。

既に何回も訪れています。

 

 

パン屋さん「ル・ヴァン」

f:id:nd35:20171001170333j:plain

お値段が2ケタだったり100円台のパンがずらりと並んでいて、とにかく安い。

 

レジに並んでいるほとんどの人のトレーにマフィンがのっていたので、興味はなかったけれど買ってみました。

キャラメルチップ味だったかな。

キャラメルはともかく、生地がもちもちとしていて美味しかったです。

ほんのちょっと弾力のある蒸しパンみたいな感じ。

他のパンと一緒にマフィンを10個くらい買っている人もちらほら。かなり人気のようでした。

 

他のパンは値段なりの味でした。

 

 

「萱沼製パン」のピーナツサンド

f:id:nd35:20171028063954j:plain

140円。

6,7枚切りくらいのパン2枚に、たっぷりのピーナツクリームが挟まれていてボリュームがあります。

注文したその場でパンを切るところから作ってくれます。

 

想像以上に美味しかったので他の味も気になります。

 

 

藤宮やきそば学会アンテナショップの「富士宮焼きそば」

f:id:nd35:20170926192242j:plain

富士宮市のお宮横丁で富士宮焼きそばを食べました。

普通の焼きそばと違うのは麺がかたいところ。

そして豚の背脂からラードを搾ったあとに残ったものを油で揚げた、「肉かす」という具が入っているのもポイントです。いい出汁がでるらしい。

麺がやわらかい普通の焼きそばも美味しいですが、かたいのもまた病みつきになりそうでした。

 

 

「まかいの牧場」のソフトクリーム

f:id:nd35:20170926192849j:plain

富士宮市にある「まかいの牧場」には入園せず、外にある売店でソフトクリームを食べました。

しっかり甘みがあるのに不思議とさっぱりしていて、とても美味しかったです。もう2,3個食べられそう。

 

初めて牧場の名前を聞いたときは「魔界の牧場!?」と思いましたが、「馬飼野牧場」のようです。

 

 

さかいがわ農産物直売所のアップルパイなど

f:id:nd35:20170929165416j:plain

アップルパイ、クリームアップル、白桃パイはそれぞれ210円です。

アップルパイ大好きなんですよねー。

 

アップルパイの原材料が「小麦粉、バター、りんご、卵、砂糖」とシンプルだったので好印象。

食べてみるとなかにはスポンジ生地が入っていました。

スポンジ生地でのかさ増しはアップルパイあるあるです。

スポンジ生地の原材料が書かれていないっぽいので、この表示は信用できませんね。

消費期限まで3,4週間くらいありますが、パイってこんなにもつんですねー。

 

パイがしっとりしているのはナイスです。

アップルパイにサクサク感など不要。

パン屋さんのアップルパイはサクサク感を売りにしていることが多いので、ケーキ屋さんでのほうが良いアップルパイに出会うことが多いです。

私が思う良いアップルパイの条件は以下。

  • パイはサクサクしておらず、しっとりずっしりしている
  • りんごは大きめに切られている。角切りはNG
  • カスタードクリームが入っている
  • レーズンやスポンジ生地が入っていない

 

なんやかんや言っても美味しかったです。

あっという間に3個とも食べてしまいました。

クリームアップルのクリームはヨーグルトクリームで、新感覚でした。

 

 

f:id:nd35:20171004161718j:plain

逆光でした。

「マカロンショコラ」なるものも見つけたので買いました。

マカロンショコラですよ!*2

 

なのですが、食べたみたら90%別の食べ物でした。

「ん? これ…マカロンショコラ…? うーん…」という悩む余地がほんの少しあったので90%にしました。

どこがマカロンでどこがショコラなのか分かりません。りんごも入っていましたし。

 

f:id:nd35:20171004163528j:plain

品名はしっかり「マカロンショコラ」。

しかしくるみなんて入っていただろうか。

 

 

「竹川製菓」のかすてら紅梅

f:id:nd35:20171001170620j:plain

テレビで観てから気になっていて、やっと行くことができました。

おばあちゃん手作りの紅梅、お値段は300円。

開店直後に行ったので、焼きたてでほんのり暖かかったです。

 

f:id:nd35:20171001170623j:plain

型が何種類かあって、特にハート型がかわいい。

そして美味しい!

紅梅のこのパサパサ感があるのにしっとりしている感じ、好きです。モソモソというか。(すごく褒めている)

 

ひとつひとつ厚みや焼き加減が違うのが手作りらしくて、カリッとしたのがあったりふわっとしたのがあったり、変化が楽しめて良かったです。

一気に食べてしまいました。

 

 

松月堂の栗せんべい

f:id:nd35:20171007062015j:plain

いただきもの。

松月堂は山梨県の会社です。

栗せんべいの原材料は白あん、砂糖、卵、栗。

小麦粉を一切使用せずに作られているのに、歯ごたえはかなりあります。

小麦粉を使わなくても、小麦粉を使って作ったっぽいお菓子は作れちゃうんですね。

誰かに贈りたいなーと思ったくらい美味しかったです。

 

 

*1:クリームぱんだけは、私が過去に様々なパン屋さんの美味しいクリームパンを食べすぎているせいで普通に感じてしまいました。

*2:今期のプリキュア『キラキラ☆プリキュアアラモード』にはキュアマカロンとキュアショコラがいて、とっても仲良しなのです。