麒麟浪漫

呼吸筋を鍛えるパワーブリーズを1年以上続けられている理由

f:id:nd35:20180214102324j:plain

あまり物事を続けられない私でも続いているのは、ひとえにパワーブリーズが継続しやすいからです。

 

パワーブリーズは運動不足の人や心肺機能に自信がない人、カラオケでもっと気持ちよく歌いたいという人にぜひおすすめしたいので、継続しやすい理由を紹介します。

 

 

パワーブリーズが継続しやすい理由

トレーニングは1日2回、30呼吸のみ

30呼吸で時間は5分とかからず、ウエイトトレーニングのようにものすごく辛いわけでもないので「今日はやりたくないなあ」という気分になりにくいです。

 

 

1日にやっていい回数が制限されている

1日2回30呼吸、公式ではそれ以上もそれ以下も推奨されていません。

「それ以上が推奨されていない」というところがポイントです。

 

例えば勉強だったら、なるべく長時間したほうが学力は上がりますよね。

スポーツや楽器、ジャグリングの練習でも同じです。

長時間やればやるほど上達するでしょう。

 

しかしパワーブリーズは1日2回30呼吸以上のトレーニングをしてはいけません。

そのため「もっとやらないといけないのでは」という罪悪感や、「もっとトレーニング回数を増やしたらさらに効果が出るかも」と考えを巡らせることは一切不要で、「今日もやったぞ」という満足感が得られやすいのです。

 

 

効果が実感できる

パワーブリーズを使った臨床実験では肺機能と運動能力を4週間で向上させられることが実証されています。

 

以下は科学的根拠はありませんが、私の実感した効果です。

 

息切れしにくくなった

少々運動不足のときに、階段を一段とばしで一気に上がっても息が切れなくなりました。

 

声量が上がった

大声を出せるようになり、声が通りにくいというコンプレックスが解消されました。

声を出しているとき、息切れするまでの時間も伸びたように思います。

 

腹式呼吸ができるようになった

パワーブリーズは腹式呼吸でないとうまく呼吸できませんから、腹式呼吸が自然と身につきます。

 

ストレッチやカラオケでも腹式呼吸を使うので、腹式呼吸ができるというのは思った以上に役に立ちます。

私はカラオケで喉が枯れやすかったのですが、いまでは喉を枯らさずに6時間以上歌うことができるようになりました。

 

 

パワーブリーズの選び方

パワーブリーズプラス

POWERbreathe (パワーブリーズ) プラス【日本正規品 2年保証】

POWERbreathe (パワーブリーズ) プラス【日本正規品 2年保証】

 

パワーブリーズプラスには負荷の強い順に赤、青、緑の三種類があります。

個人的な意見ですが、虚弱体質でもない限り青から始めていいでしょう。

 

呼吸筋に自信がある方は最初から赤を選んでもかまいません。

ただし赤に比べて青のほうが最低レベル~最高レベルの幅が狭いため、負荷メモリの微調整がしやすく変動が分かりやすくなっており、成長を目で実感しやすくモチベーションを保つのにおすすめです。

 

ちなみに私はパワーブリーズプラスの青を2016年の12月に始めて、現在で1年2ヶ月になります。

最初は腹式呼吸ができなかったためメモリの1から始めて、現在のメモリは5(最大メモリは10です)。

地道に成長しています。

 

 

パワーブリーズ用の洗浄剤

Milton CP チャイルドプルーフ 60錠

Milton CP チャイルドプルーフ 60錠

 

パワーブリーズの洗浄剤はこちらの「Milton CP」を使っています。

 

普段はトレーニング後にマウスピースとその接合部分のみを水でさっと流し、1週間に1回は洗浄剤を使って洗浄しています。

 

使い方は、錠剤を半分に割って1Lの水に溶かし、パワーブリーズを3つに分解して1時間くらい浸けるだけ。

洗浄後はさっと水で流してから乾燥させています。