麒麟浪漫

2018年2月に聴いたCDまとめ。『MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES』『ウマウマできるトランスを作ってみた9』など10作品

 

感想ピックアップ

初音ミク『MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES "はじめまして、初音ミクです"』

MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES“はじめまして、初音ミクです”

ミクさんのライブに初めて行ったとき、私がとれたのは良い席ではなかったのでミクさんはつまようじのように見えました。

VOCALOIDであるミクさんの動きや歌は最初からプログラムされたものだから生で観るありがたみはないし、こんなことなら家でミクさんのCDを聴いていたほうがマシだ、なんて思ったものです。

 

しかしミクさんのライブの見所はそんなところではないと気付かせてくれたのが、ライブCDです。

これから初めてミクさんのライブに参戦するという方にはぜひ、過去のライブCDを聴いてから行ってほしいと思います。

 

ミクさんのライブはカラオケではなく、ギター、ベース、ドラム、キーボードなどによる躍動感のある生演奏です。

ほぼ全ての曲でかっこいいアレンジを楽しむことができ、何度も繰り返し聴いた曲も新鮮に聴こえます。

 

次に観客の存在です。

ライブCDでは観客の「オオーッ!」という歓声も一緒に録音されており、それを聴けば興奮せずにはいられません。

特に海外で行われた本作、「MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES」のライブCDでは歓声が大きい気がしました。

ミクさんの指示で合いの手を入れたり一緒に歌うこともあり、会場のみんなとの一体感が感じられます。

 

ああ、ミクさんのライブCDを聴いてからライブに行けばもっと楽しめたんだろうなあ、なんて思いつつも、今後もライブには参戦せず家でCDを聴いているであろう私でした。

やっぱり会場よりもCDのほうが音質が良いですし。

 

 

 

クリープハイプ『世界観』

世界観(通常盤)

サウンドとボーカルの声が胸に心地よく、脳内麻薬が出ます。

鬼束ちひろさん、宇多田ヒカルさん、amazarashi、クリープハイプといったダウナー系(?)の歌詞の曲は心が落ち着きます。

 

クリープハイプは映画『百円の恋』の主題歌、「百八円の恋」で知って好きになりました。

 


クリープハイプ「百八円の恋」MUSIC VIDEO

 

 

 

『EXIT TRANCE PRESENTS ウマウマできるトランスを作ってみた9 ここに病院を建てよう』

EXIT TRANCE PRESENTS ウマウマできるトランスを作ってみた9 ここに病院を建てよう 通常盤

19曲目「おしえて A to Z」の「恋は騒がず 迷っちゃ イヤイヤ!」ってところが好き。

 

このかわいらしい感じにそれっぽいなーと思っていたら、やっぱり田村ゆかりさんの曲でした。

そんでもってエロゲソングっぽいとも思っていたら、お色気系(?)アニメ『B型H系』のOP曲のようです。

 

 

2018年2月に聴いたCD一覧(10作品)

世界観(通常盤)
世界観(通常盤)
クリープハイプ
読了日:02月10日
評価3
もうすぐ着くから待っててね(通常盤)
もうすぐ着くから待っててね(通常盤)
クリープハイプ
読了日:02月10日
評価3
つるのうた3.5(CD+DVD)
つるのうた3.5(CD+DVD)
つるの剛士
読了日:02月14日
評価3
つるのおと
つるのおと
つるの剛士
読了日:02月15日
評価3
ワールドエンドの庭 初回限定盤 RED
ワールドエンドの庭 初回限定盤 RED
堀江由衣
読了日:02月15日
評価3
EXIT TRANCE PRESENTS SPEED アニメトランス ビター
powered by Booklog