麒麟浪漫

「かわいい!」10代以下の若い世代にも愛される初音ミク

子どもたちとふれあう雪ミクダヨーさん

引用元:【雪ミク】「第27回YOSAKOIソーラン祭り」×「雪ミク(初音ミク)」スペシャルチーム レポート【SNOW MIKU】 - YouTube

 

2018年6月6日~10日に札幌大通公園を中心に開催された、「第27回YOSAKOIソーラン祭り」の様子が公開されました。

初音ミクさんが歌う「Gohatto Disco」に合わせて、一般公募で集まったジュニアダンサーたちが踊ります。

 


【雪ミク】「第27回YOSAKOIソーラン祭り」×「雪ミク(初音ミク)」スペシャルチーム レポート【SNOW MIKU】

 

動画内で小学生くらいの女の子が「ミクが好き!」と言っていることに感動しました。

 

Q.ミクのどんなところが好きですか?
「かわいいし! しかも声が高いし」
「2つしばりしてて」
「あと髪が緑色だし長いし! かわいい!」
「似合ってる」

 

私が幼い頃(?)はミクさんの知名度が低く、友人にミクさんの歌う曲を聞いてもらうと「へんな声」と言われたものでした。

今はもうそんな時代ではなく、ミクさんの声は「かわいい」と認識されているのです。

 

私はVOCALOID好きを公言しているため、VOCALOIDのどこが好きなのかをよく聞かれます。

そんなときはこう答えています。

「あえて挙げてみるとするなら、歌っているのが人間ではないという衝撃、独特な声、人間にはできない超絶技巧、動画サイト投稿だからこそできる攻めた歌詞やメロディ。」

初音ミクシンフォニー2017で不覚にも涙する - 麒麟浪漫

 

これは事実でもあり、後付けしたウソでもあります。

私はあれこれ考えてミクさんを好きになったのではなく、いつの間にか好きになってしまっていたのですから。

 

動画の女の子が「かわいい!」「かわいい!」と言っているのを聞いて、好きっていうのは理屈じゃないよなーなんて改めて思ったのでした。

話す相手が納得できるそれらしい理由を、頭をこねくりまわしながらつらつらと並べなくても、「声が高いから好き」「髪型が好き」「かわいいから好き」なんかでいいんだ、と。

 

それに、好きなものを語るときに、語彙力が落ちて「かわいい」「好き」しか言えなくなるのはあるあるですよね。

 

これからもミクさんのご活躍を応援しています!