麒麟浪漫

ゲームとインターネットが大好き。

麒麟浪漫

スマホゲーム『いろいろな人』レビュー。眺めているだけで楽しいRTS

『いろいろな人』のタイトル画面

11種類のいろいろな人を召喚して、勝手に戦ってもらうRTS。

 

いろいろな人
いろいろな人
開発元:IWATA NATTO, K.K.
posted withアプリーチ

 

『いろいろな人』のプレイ画面

プレイヤーは画面下部のアイコンをタップして出陣させる人の種類を選び、選ばれた人がどんどん召喚され、移動も攻撃もすべて自動で行われます。

敵の拠点に到着できれば勝ち。

 

戦場に連れていけるのは、11種類のうちから最大3種類。

攻撃力が高い人、足が速い人、攻撃の手段を持たない壁役、自爆特攻隊などがいて面白いです。

戦闘前には敵の種類が分かるので、それに応じて適切な人を連れていき、戦場では戦況を見ながら出陣させる人を選びます。

 

『いろいろな人』のプレイ画面

基本的に、殴る人>足が速い人>投げる人、の3すくみになっています。

 

 

『いろいろな人』のプレイ画面

チマっとした人々がわちゃわちゃと動くのを眺めるのは予想以上に楽しい。

投げる人はノーコンだし、足が速い人の走る姿はムダにかっこいいし、爆撃されるのが分かっているのに一箇所にワラワラ集まる人々はバカっぽい。

 

どこかで聞いたことのあるBGMや、ボス戦の陽気な音楽も良いです。

 

 

『いろいろな人』のプレイ画面

ステージ4-2までは、基本である赤・青・黄を適宜強化すればゴリ押しできます。

というか赤・青を数人召喚して壁役にしたら、あとは黄色にガンガン投げさせておけばオッケー。

 

 

『いろいろな人』のステージ4-3

個人的に難所だったステージ4-3は、白・茶色で出陣し、白で壁を作りつつ茶色で爆撃すればあっさりクリアできました。

茶色の爆撃範囲攻撃が強すぎる。

 

クリア速度を上げるために、オレンジに前線で殴らせるのも効果的です。

 

 

『いろいろな人』の全ステージ

ステージは全部で16個。

「えっこれで終わり?」と思うほどにあっさり全クリしてしまいました。

もう少し遊んでいたかった。

 

やることもないのでムダに全種類のレベルをMAXまで上げました。

 

 

『いろいろな人』のプレイ画面

「白・オレンジ・茶色」の最強チーム以外にも面白い組み合わせがあるのではないかと、その後もちょっと遊びました。

 

これは攻撃力が低くて、戦場にムダに人が増えてしまったダメな図。

人は多いのになかなか前進できませんでした。

 

 

『いろいろな人』のプレイ画面

こちらは全体的に足は速いものの、攻撃力が低すぎてゴリゴリ押されてしまった図。

うまくいかないものですね。

 

いろいろな人
いろいろな人
開発元:IWATA NATTO, K.K.
posted withアプリーチ