麒麟浪漫

雑記(2018年9月第1,2週)コンビニチョコミントめぐり/レトルトカレーLEE辛さ×20倍/etc

 

コンビニチョコミントめぐりをする(9/1)

「LOOK 2つのミント食べ比べ」の写真
「キットカット 大人の甘さ プレミアムミント」の写真
「セブンイレブン ミントクランチチョコレート」「小枝 アイスミント」「カントリーマアム チップス チョコミント」の写真
「ホワイトショコラミント」の写真


9月に入り、そろそろチョコミントの季節である夏が終わる、ということでコンビニチョコミントめぐりをしました。

セブンイレブンがアイスあり、スイーツあり、ドリンクもありで一番優秀でした。

 

いろいろ食べて分かったのは、私はチョコミント味のアイスやドリンクが好きなのだということ。

チョコミント味のお菓子や菓子パンはチョコとミントがうまく融合しておらず、口の中で「チョコ味」と「ミント味」に分かれてしまっていて、私が求めている「チョコミント味」ではないので美味しく感じないのだという結論を出しました。

 

「初めて食べたときに美味しい!と思う人が少ない、悪評高い(?)チョコミントに挑戦してみよう」という気持ちから食べ始めたチョコミント。

それまで避けていたチョコミントですが、その不味美味しさにハマりました。

 

しかし何度も食べているうちにチョコミントという味に慣れてしまったのか、「不味美味しさ」の「不味い」、つまり違和感を覚える部分が消えてしまって、ただのチョコミントになってしまいました。(うまく表現できない)

 

チョコミントには「不味美味しさ」を求めて食べていたので、最近はあまり興味を惹かれなくなりました。

なんて言いつつもチョコミントは期間限定フレーバーのため次の夏までお預けになるので、また来年はハマっているかもしれません。

会えない時間が愛を育むというやつですね。

 

 

レトルトカレーのLEE辛さ×10倍、20倍を食べる(9/2)

普段最低価格帯のカリー屋カレーを食べているからか、LEEの辛さ×10倍がめちゃくちゃ美味しく感じられました。

濃厚。旨味があって香りも良い。

 

 

辛さ×10倍がめちゃくちゃ美味しかった(大事なことなので二回言う)ので、辛さ×20倍にも挑戦。

辛さ×10倍もちょこっと辛かったのですが、辛さ×20倍はかなり辛い。汗がダラダラ流れます。

ここまで辛いと美味しいとか味とか関係ありません。

と思いながら食べきってみると、「美味しかった」という感想が生まれていました。不思議。

食べているうちに辛さに慣れたのでしょうか。

 

レトルトカレーにデスソースを加えるとすべてデスソース味になってしまうので、デスソース味ではない辛いカレーが食べたいときにはLEE辛さ×10倍や20倍がピッタリですね。

 

 

 

チープカシオの買い替え(9/4)

f:id:nd35:20180911160213j:plain

野外作業中はチープカシオと呼ばれる低価格帯のカシオの腕時計を愛用しています。

今まで使っていたF-84W(写真左)からF-91W(写真右)に買い替えました。

 

チープカシオは

  • 価格が1000円前後と安く、
  • 耐水性(生活防水)があって丈夫で、
  • 電池の寿命も7年と長く、
  • アラーム・ストップウォッチ・最低限のLEDライトが備わっており、
  • 本体が薄くてモノに引っかかりにくい、

という点が気に入っています。

 

3つあるボタンのうちの1つ、正面から見て左下のCボタンに砂が詰まったのか、押しにくくなったのが買い替えの理由です。

使用期間は3年でした。

 

F-84WとF-91Wでは取扱説明書が同一内容で、これまでと操作が変わらないためすんなり移行できました。

今回F-91Wにかえた理由は、F-84WのAmazonでの価格がなぜか高くなっていたから。それだけです。

 

両者の大きな違いといえば、F-91WはF-84Wよりもボタンが出っ張っているところ。

「押しやすい! これはいい!」なんて思っていたら、作業中にいろんなところにぶつけたときにボタンが押されて「ピッ」「ピッ」と操作音が鳴って画面が切り替わってしまい、ちょっとストレスです。

そうやっているうちに知らない間にアラームが設定されていて、深夜眠っているときにアラームが鳴り始めたときは何事かと思いました。

アラームを解除してもいつの間にかまた設定されていて深夜に鳴る、ということがあったのでアラームの時間自体を夕方にずらして一応の解決としました。

 

いろんなところに腕をぶつけない人には、F-91Wは単純にボタンが押しやすくなっているのでおすすめできます。

ちなみに本体が薄いということはイコール貧相に見えるということなので、チープカシオは普段遣いには向きません。

 

 

発泡酒を飲む(9/5)

初めて意識して発泡酒を飲みました。

「意識して」というのは、自分の意志で手に入れて、「発泡酒を飲むぞ!」と思いながら飲むということです。

 

ビールっぽい味だけれど、ビールが苦手な私としてはビールよりも飲みやすい。

すっきりしています。

 

ビールと発泡酒の違いは原料に使われている麦芽の量と、決められた原料以外を使用できるかどうかです。

発泡酒のほうが使われている麦芽の量が少ないので、苦味が少なく軽やかということなのでしょうか。

 

これまで缶チューハイを好んで飲んでいましたが、発泡酒のほうが甘くないしお酒を飲んでる感もあって好みかもしれません。