麒麟浪漫

インターネットとゲームと百合が好きです。

麒麟浪漫

私が「続けられる」のは才能があるからじゃない

私には長く続けられている習慣がいくつかありますが、続けられている理由は「物事を続けられる才能があるから」ではないと思っています。

続ける対象を好きなのと、それをやらなければならない理由があるのと、過去の小さな成功体験があるから続けられているのです。

 

 

好きなことは続く

まず、自分の好きなことは勝手に続きます。

誰にでも「やめろ」と言われてもやってしまうこと、ついつい夜ふかししたり大事なことを後回しにしたりしてやってしまうことがあるはずです。

 

やらなければならない理由があれば続く

次に、やらなければならない理由があれば続きます。

 

私は凡人なので、努力し続けないと取り残されてしまう、という危機感を持っています。

それに頭が良くないので、頭を空っぽにして同じ作業を続けることで成功するタイプの努力しかできません。

具体的には筋トレやストレッチなどですね。

実際には頭を空っぽにしていては、やり方を間違ったり、遠回りになってしまったりするので情報収集や進路調整は必要ですが。

 

行動自体は簡単なんだけれど誰も長くは続けられないものには、凡人にも差別化のチャンスがあると思っています。

だから凡人の私としては、その分野では特に努力しようと思えるわけです。

 

小さな成功体験があれば続く

最後に、何かを続けることで得た小さな成功体験があれば、自分のやっていることに自信を持ちやすくなるので、続きます。

一度、長期継続型の努力で成功をつかむと、「継続は力なり」という言葉が脳の深くまで染み込み、続けさえすれば自分にはなんだってできる気がしてきます。

するといろいろなことをどんどんやってみよう、続けてみよう、という気持ちが自然と湧いてくるのです。

 

小さな成功体験の内容はなんでもいいですが、私の場合はストレッチでした。

体のかたい人はまず真向法体操というストレッチを始めて、開脚前屈ができるまで続けてみてください。

真向法体操をやれば体は必ず柔らかくなるので、騙されたと思ってやりとげてほしいです。

 

私は開脚前屈ができるようになることで、「何をやっても無駄、何かを続けてもきっと意味がない」という人生観が変わりました。

脚が左右に90度も開かないレベルからスタートしたので、2年くらいかかりましたけどね。

私の今の「何かを続けられる人生」は、真向法体操で得た小さな成功体験が始まりだったのです。

 

私が「続けられる」のは条件が揃っているから

そういうわけで、なんともありきたりでどこかで聞いたようなことばかりしか言えませんでしたが、私がいろいろなことを続けられている理由は才能ではなく、条件が揃っているからだ、というのを言いたかったのでした。

 

 

おまけ

最近は習慣化をブーストするツールとして、『小さな習慣』という本と「みんチャレ」というアプリを使っています。

どちらも「何かを続けられる人生」を支えるさらなる柱となってくれるのでオススメです。

 

 

小さな習慣

小さな習慣

 

 

みんチャレ-ダイエットや勉強、ヘルスケアなどの習慣化・目標管理に人気の三日坊主防止アプリ
みんチャレ-ダイエットや勉強、ヘルスケアなどの習慣化・目標管理に人気の三日坊主防止アプリ
開発元:A10 Lab Inc.
無料
posted withアプリーチ