麒麟浪漫

インターネットとゲームと百合が好きです。

麒麟浪漫

人と上手く話せないから、ひとり語りができるブログが好きだ

人と会話するのは苦手だけれど、ネットで文章を書くのは楽しい。

それは好き勝手に書きたいことを書けるからでしょう。

 

人との会話ではたいていの場合、相手の話を聞くのは退屈だし、タイミングよく相槌を打ち続けるのが面倒だと思ってしまいます。

コミュニケーション力に乏しいので上手く話せずに落ち込むことが多いし、自分の好きなものややりたいことの話をして否定されるのもガッカリします。

 

小学生の頃から、学生時代はほとんどリアルの友人がおらず、直接対面して会話するよりも、会ったことのない人とチャットやメールでコミュニケーションをとることが多かったのも影響してそうです。

つまり話す順番やオチなどの構成を考える時間さえあれば、少しはまともな言葉を発することができますが、リアルタイムで言葉を発しながら頭の中で話を組み立てていくのは私には難しすぎます。

小さい頃からコミュニケーションを普通にとってきた人は、そのへんはおそらく自然に鍛えられているのでしょう。

 

余談ですが、私は前述したように友人がいなかったため、ファッションについても誰とも一緒に学んできたり切磋琢磨したりせずに成長してしまったので、独学でまともな服装ができるようになるまでに時間がかかりました。

こういう「社会で生きるための人間の基礎スキル」みたいなものは幼少期~学生時代に鍛えておくべきなのです。

コミュニケーション、ファッション、料理など、多くの人が当たり前のようにできていることは、小さい頃から失敗して恥ずかしい思いをしたり成功して喜んだりしながら、しっかりと鍛えてきたからこそ自然にできるのです。

私がいま苦労しているのはそれをサボってきたせいなのですから、そのツケは自分で払う必要があります。

 

話を戻すと、大人になった今でも会話は苦手です。

お酒を飲むかテンションが上がっているか、またはとても親しい人とでないと、楽しく安心した状態では話せないことが多いです。

 

その点でブログは私に合っているなーと思います。

文章をリアルタイムに一発で完成させる必要はなく、こねくりまわして作り上げることができますし、話す相手の存在を考えすぎずに語ることができます。

もちろんムダに不快な気分にさせたくはないので、最低限の配慮はしていますが。

そして私が自分のブログで文章を書くときには、誰の相手もしなくていいのです。

読む側も、私の書くものを必ずしも読む必要はないし、飽きたら途中で移動してもいい自由があります。

 

ブログとは別に Evernote でも日記を付けていますが、そちらは世間にとってはしょうもないことや、非常に個人的な記録なので公開はしていません。

ブログを公開しているのは、なるべく人と会話をしたくないと思いながらも、誰かに話を聞いてもらいたい気持ちはあるからだと思います。

 

そんなわけで私にはブログがとても合っていて好きだし、ひとり語りができる場所があるのは素晴らしいことだなーと再認識したのでした。

コミュニケーション力もいつかは鍛えないと、とは思っているんですけどね…