麒麟浪漫

PSVita『ダマスカスギヤ 西京EXODUS』レビュー。ロボットハクスラ第三弾。ボリュームアップはしたが…

f:id:nd35:20180128100117j:plain

PS VITAのDL専売ゲーム『ダマスカスギヤ 西京EXODUS』をクリアしました。

 

  • 公式サイト:ダマスカスギヤ 西京EXODUS
  • 発売元:アークシステムワークス株式会社
  • 機種:PSVita
  • ジャンル:ロボカスタマイズ ハック&スラッシュ
  • 発売日:2017年3月22日

 

以下ネタバレあり。

 

 

メインストーリー雑感

f:id:nd35:20180128100235j:plain

本作でのプレイヤー専属オペレーターはAIロボットのタチバナちゃん。

 

標準語でいいのにわざわざ言語システム「はんなり女子」を起動してしまいます。

彼女曰く、大阪弁よりも標準語に近いので馴染みやすいらしい。たしかに。

 

f:id:nd35:20180128100322j:plain

f:id:nd35:20180128100331j:plain

f:id:nd35:20180128100341j:plain

ユーモアたっぷりだけれどほとんど滑ってしまっている、というのも含めて彼女のキャラクターです。

 

f:id:nd35:20180128100703j:plain

戦闘ではレーザーキャノンやサテライトレーザーといった光学兵器を使うと画面が真っ白になり大迫力。

 

f:id:nd35:20180128100938j:plain

なかなか斬新なストーリーで、衝撃的な展開もあったので楽しめました。

 

メインストーリーをクリアしてからが本編です。

本格的なトレハンはここから。

 

 

良かった点

  • テンポが悪いのも含めて前作よりボリュームがアップしており、長いことハクスラが楽しめそうである。

  • オペレーターであるタチバナちゃんの存在。
    ずっとプレイヤーのそばに居てくれて、メインストーリーでも大活躍する。
    ただし彼女を好きになれるかどうかはかなり人によりそう。

 

 

残念だった点

  • ダンジョン内ではオペレーターなどのセリフに強いノイズがかかっていて耳障り。

  • メインストーリーがループするかが最初分からないので、プレイ中に無駄に不安になる。
    トーナメントで優勝できなかった場合に、身に付けている装備品以外が消えるのも悲しい。
    ただしその時点で集めた装備品は、その後に拾えるものと比べればゴミなので損失は大きくない。

  • 戦闘以外のテンポが悪い。
    買い物や整備などを除けば、ゲーム内の1日でアリーナ参戦かダンジョン探索のうち1つしか選べず、それらが終わったあとに次の日に切り替わる演出が毎回入ってうっとうしい。

 

 

個人的にイマイチだった点

  • ストーリークリア後も日付制度は存在し、1の付く日、月末などのタイミングでイベント(参加自由)もあり、「もったいないから参加しなきゃ」と思ってしまうので縛られている感じが強い。

 

 

おわりに

個人的にはストーリーがサクサク進んでサクサクトレハンして強くなれる前作のほうが楽しめました。

 

今作はボリュームアップはしているので、じっくり地道に長くハクスラしたい人にはおすすめできるかもしれません。

メインストーリークリアまでしかしない人には向かない作品ですね。

 

余談

▼メインストーリーでの神型G1グランプリ優勝時の装備はこちら。

f:id:nd35:20180128101850j:plain

f:id:nd35:20180128101857j:plain

3週目にしてようやく優勝。

アツガ装備を揃えてシリーズ効果を発動させたら飛躍的に強くなりました。

 

 

▼ストーリークリア後に、Aランク依頼でタナトス装備を集め終わったところで力尽きました。

f:id:nd35:20180128102056j:plain

f:id:nd35:20180128102102j:plain

ドロップ運が悪いのか物欲センサーが働いたのか、Aランク依頼1~40階マラソンを10周以上してやっとタナトス頭を手に入れられました。

 

その後もたまーにプレイして、まだ一式揃えられていませんが上位のタナトス装備も装備しています。

 

f:id:nd35:20180128102143j:plain

機体名はバーチャルYoutuberの電脳少女シロさんからとって「Siro」。

アツガ装備だとパーツの紫色のラインが目立つのでシロ感は薄くなってしまいました。