麒麟浪漫

たまには過去に出会った心に残るボカロ曲の話をしよう - 今月の素敵なボカロ曲(2018年9月~10月)

f:id:nd35:20181101064220p:plain

引用元:『だからパンを焼いたんだ』 / 初音ミク - ニコニコ動画

 

2018年9月・10月に出会った素敵なボカロ曲を紹介します。

今回は過去に出会った心に残る曲もいくつか紹介。

 

 

『だからパンを焼いたんだ』 / 初音ミク

ボカロ黎明期のような調声とイラストにビビッと来ました。

とても笑顔になるし、パンを焼きたくなる曲。

 

 

お茶マジカーニバル〜アールグレイは恋の味〜しぇろfeat初音ミク

喉の渇きを潤す欲求というか快感を疑似体験させてくれる曲。

喉がめちゃくちゃ渇いたときに飲む清涼飲料水、最高に美味しいですよねー。

欲望に忠実な歌詞に素直に煽られてしまい、お茶を飲む習慣がまったくないのだけれど「そんなにウンメェエエなら」とお茶が飲みたくなりました。

 

関係ないけど麦茶に砂糖が入ってるやつ飲んでみたいです。

 

 

たまには過去の曲の話をしよう

過去に出会って今も心に残るボカロ曲について書こうと思います。

 

【GUMI】モルモットと傭兵【オリジナル曲】

とても切なく、優しい曲です。

作者のくるりんごさんは作詞、作曲、動画(絵)のすべてを自身で作っており、その独特の世界観に引き込まれます。

「モルモットと傭兵」の歌詞はストーリー仕立てになっていて、この一曲で一冊の小説が書けてしまいそうです。

 

「泥棒と警備員」は「モルモットと傭兵」の続編です。

 

くるりんごさんはどちらの曲も「ドン底から救われるおはなし」と表現しており、登場人物たちがまさにドン底から救われる瞬間には涙腺が崩壊せざるを得ません。

何度も聴いて展開が分かっているのにもかかわらず、たまに観ると毎回泣いてしまいます。

 

 

[重音テト]対人武装[オリジナル曲]

心に刺さる、だけれども心を軽くしてくれる曲です。

 

誰もが人を傷つける武器を持っていて、傷つけたり傷つけられることはとても恐ろしい。

対人武装をして人と距離をとり、傷つくことから逃げ続けることもできます。

それでも…という内容の曲。

人は武器を手放すことはできないものの、ナイフのようにそのサイズを小さくすることはできるのです。

 

私はいまだに重装な対人武装をしていることが多いので他人事とは思えませんでした。

 

 

「そらもよう」 - KEI feat.GUMI,Lily

VOCALOID「Lily」の存在を初めて知って、そしてその声に惚れたきっかけが「そらもよう」です。

 

Lilyのかっこよすぎる低音ボイスを聴いたあとにLily本人のビジュアルを検索してみたら、想像よりも子どもっぽくて驚きました。

 

伝説のLilyマスター*1であるnikiさんも好きですが、また違った声質なんですよね。

VOCALOIDは歌わせる人によって声が違う(個性が出る)のが面白くもあるのですが、Lilyの低くて落ち着いた声を聴けるのは「そらもよう」だけなのが寂しくもあります。

 

 

*1:Lilyの調声が特に上手な人たちのこと。